<< 最後のミュンヘン・クリスマス市 ロマンチックタウン札幌 >>

金寿司のカウンター

b0103470_21294327.jpg

サッポロ・ファクトリーの近くにあるお寿司屋さん「金寿司」へ行ってきました。
ネットで話題のお店ですが、地元では近所の人たちが普通に使っているお寿司屋さんだということです。
(ファクトリー北側に住んでいる友人談)

お店のすぐ近くにコインパーキングがあるので、そこへ自動車を止めます。
(銀行の駐車場として利用されているみたいです)

この日は、平日の開店直後だったため、他にお客さんもいなくて、のんびりとした雰囲気でした。
お店に入ると、「お好きなところへどうぞ~」と声をかけられたので、遠慮なくカウンターに座りました(ただし、端っこ)。

どうしようかなと考えていると、「こんなメニューもありますよ」とお決まりセットのメニューを出してくれました。
最初に予算を伝えてお任せで握ってもらう方法もあるのですが、この日は最初にお決まりを頼んで、その後でお好みにしてもらうことにしました。

「お決まりは、真ん中くらいのでお願いします」とお願いすると、「1,500円の松ですかね」とのこと。
少し考えてから、もうひとつ上の「錦・2,000円」にしました。
なんでも、ランクがひとつ上がることに握りが一貫増えるのだそうです。

b0103470_21295810.jpg

カウンター席に座ったので、お決まりでも一貫ずつ付け台の上に握ってくれます。
その都度、ネタについての解説もあるので、楽しみながらお寿司を食べることができますね。

「金寿司」は、札幌では珍しくネタに仕事をしていることが特徴で、ただ切っただけというネタは、あまり出てきません。
写真はホッキ貝を炙ったもので、煮切りが塗られて出てきます。
「お好みでお醤油を使ってください」と言われますが、ほとんど醤油は使わずに食べることができるようになっています。
(僕の場合は、巻物を醤油で食べたくらいです)

ホタテの炙ったやつ、タチを焼いたやつ、エビみその塩辛、シャコを焼いたやつ、マグロのヅケ、ウニ、イクラなどなど。
「辛いの、平気ですか?」と言いながら出してくれたのは、かんぴょう巻きのサビ入り。
かんぴょう巻きは、サビ入りで食べるべきと思っているので、これはうれしいですね。

「とりあえず、お決まりはこれで終わりです」と言われたとき、まだ食べ足りなかったので、「あと5貫くらい握ってください」と、お任せで追加をお願いします。
(さらにまだ食べ足りなかったので、お好みで追加しましたが(笑))

特に感動的だったのは、シャコを焼いたやつ。
目の前でシャコを剥いてから炙ってくれるのですが、カニともエビとも違う甘味が最高です。
この日、お代わりしたのは、この焼きシャコだけでした。

心ゆくまで食べると、さすがにお腹も心も満腹です。
最初のお決まりが12貫2,000円、その後の追加が8貫3,000円、合計5,000円也。
カウンターで、これだけゆっくりたっぷりと食べて5,000円であれば、納得しないわけにはいかないですよね~。


金寿司 (きんずし)
札幌市中央区北2条条東7丁目
011-221-2808
11:30~21:20
定休日 日曜(日・月曜祝日連休の場合、日曜営業・月曜祝日休業)



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2011-12-23 22:01 | 食べ物 | Comments(0)
<< 最後のミュンヘン・クリスマス市 ロマンチックタウン札幌 >>