<< 森彦ノート 「さっぽろホワイトイルミネーシ... >>

「カフェ森彦 1号店」

b0103470_8105572.jpg

ホワイトイルミネーションの写真を撮っているうちに、すっかりと体が冷えてしまいました。
こういうときは熱いコーヒーで体を温めるに限ります。
ということで、円山にある「カフェ森彦」へ。

夜の「森彦」は、本当に静寂の空間なので、一日の疲れを癒してクールダウンを図るのにぴったりの空間です。
札幌にはたくさんのカフェ・喫茶店がありますが、この静寂はやはり「森彦」ならではのものです。

古民家の静かな空間だけではなく、コーヒーがおいしいというのも「森彦」の素晴らしいところです。
新しいカフェの中には、インテリアや装飾などは素晴らしいものの、肝心のコーヒーの味が?というお店もあったりして、そういうときには心からがっかりさせられてしまいます。

やはり、カフェはコーヒーがおいしくてなんぼですから。

b0103470_8113270.jpg


コーヒーだけではなく、ケーキが美味しいというのも「森彦」の特徴。
これだけ安定感のあるカフェは、そうそうあるものではありませんよね。

最近は、満席で入店できないことも多く、それだけの人気があるのも当然だよなあと思います。
ただ、賑やかな「森彦」では味わうことのできない「森彦」があることも確か。

古民家独特の闇のような静寂こそが、「森彦」最大の魅力だと思えるからです。
もちろん、賑やかなカフェも楽しいんですけれどね。
「森彦」でなければ体験できないものは何なのか、ということだと思います。

b0103470_8572462.jpg


二階のテーブル席に座っていると、一階で燃えている薪ストーブの暖かい空気が昇ってくるのがわかります。
薪の匂いに包まれているのも、真冬の「森彦」らしさ。

窓から見える暗闇と薪の匂いと恐ろしいほどの静寂とボンボン時計の鐘の音。
そして、熱いコーヒー。

信じられます、そんなカフェの存在を。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2011-11-26 08:36 | カフェ・喫茶店 | Comments(0)
<< 森彦ノート 「さっぽろホワイトイルミネーシ... >>