<< 曖昧な記憶のようなポラロイド写真 晩秋のコスモス >>

「ろいず珈琲館 旧小熊邸」の賑わい

b0103470_1933053.jpg

その保存運動については、なんだかんだと言われる小熊邸だが、藻岩山の自然の中でコーヒーを飲める場所としては、極めて良い立地の中に復元されている。

「ろいず珈琲館」は、1980年代から続くコーヒーチェーンで、札幌では親しみのある喫茶店のひとつだ。
その中でも「旧小熊邸」は、歴史的建造物の中でコーヒーを飲むことのできる、いわゆるコンセプトカフェとして、特に人気が高い。
(西岡店の赤レンガ倉庫をリノベーションした店舗も人気)

いわゆるカフェブーム以前の札幌の喫茶店らしさが、ろいず珈琲館には今も残っている。
宮越屋珈琲や可否茶館などといった札幌カフェチェーンは、1980年代に青春時代を過ごした人間にとっては、いずれも忘れられない存在となっているはずである。

そんな歴史も手伝ってなのか、「ろいず珈琲館 旧小熊邸」を訪れる客の年齢層はかなり高い。
1990年代後半から始ままるカフェブームの中で誕生した、多くのカフェ以上に客を集める魅力が、この店にはあるということになる。
週末ともなれば、いつでも満員に近い賑わいであるが、自分が最も若い世代なのではないかと感じるプレッシャーも手伝って、あまり頻繁には通わない店ではある。

山鼻地区で暮らす者にとっては、地元とも言えるカフェなんだけれど。


にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2011-11-10 20:00 | 旧・札幌日和下駄 | Comments(2)
Commented by いれーねわっつ at 2011-11-11 12:17 x
先週の飛び石連休を利用して、やっと念願の小熊邸行ってきました!
まさに写真どおりで(当り前ですが)ちょっと妙な感動がありました。

週末はそんなに賑わうんですね。
私が訪れたのは平日の午前中だったせいか、ぽつんと独り占め状態。
周りの雰囲気も相まって、なにやらものすごく贅沢な気分を味わってきました。

裏手にある雑木林(公園かな)、少し散策してみましたが、
残念ながらヒグマにも、kelsさんにも会えませんでした~(笑)
Commented by kels at 2011-11-12 21:21
いれーねわっつさん、こんにちは。
ヒグマもkelsも、平日の午前中はお休みらしいですよ(笑)
独り占めの小熊邸、いいですねー、うらやましいです。
週末の朝は、早起きのお年寄りなども多くて、なかなか独り占めにはできないようです。
良かったですねー☆
<< 曖昧な記憶のようなポラロイド写真 晩秋のコスモス >>