<< ブログテーマ 夏か! >>

「パイとケーキの店」でアイスコーヒーを味わう

b0103470_21251823.jpg

市電が走るすすきの大通、国道36号線沿い、ちょうど電停「資生館小学校前」のあたりにその店はある。
古いドアはいつも閉ざされているけれど、太陽が沈んだ頃、店の明かりが灯り古いドアが開かれる。
外の看板には「パイとケーキの店」とある。
店の前を通る人たちの関心を引かずにはいられない、謎の店だ。

店内に入ると、古臭くはあるけれど、至って普通の喫茶店だ。
普通の喫茶店と言うのは正しくないかもしれない。
1970年代の空気がそのまま残されている、そんなノスタルジックな喫茶店だ。

1階が満席の場合には、半地下にもテーブルがある。
ただし、半地下の部屋は防空壕みたいに閉じ込められた感が強いから、閉所恐怖症の人には向かないだろう。
狭い空間の中で声が響くから、大切な話をする場合は1階のテーブル席の方がいい。

b0103470_2155463.jpg


メニューの中心は個性的なパフェ。
チョコレートパフェを頼むと、ココアパウダーに覆われたアイスクリームが出てくる。
混ぜ合わせると、チョコレートパフェになるという仕掛けらしい。

その夜は歩き疲れていたので、「瞬間アイスコーヒー」をオーダー。
マスターが一人で切り盛りしているので、注文してから商品が出てくるまでにはそれなりの時間を要する。
本を読んだり、おしゃべりをしたり、待つ時間を楽しむ余裕が必要だ。

店内は圧倒的に少人数向き。
1人あるいは2人で、自分たちだけの空間を作り上げるくらいで、ちょうど良い。
以前、アニメソングのライブ感想で盛り上がる男子グループ(しかも7人くらいいた)と一緒になったときは、本人たちよりも周囲の客の方が戸惑っていたが。
店の雰囲気は、やはり大切にしたいものである。

「瞬間アイスコーヒー」は、実にさっぱりとした味わいで、乾いた喉の奥に流し込むと清々しいくらいに気持ち良い。
かつての学生街の喫茶店的雰囲気と相まって、実に贅沢な時間を過ごすことができた。

店の名前は「ぴーぷる・ぴーぷ」。
ドアを開けてしまえば、店内はたくさんのお客で賑わうノスタルジックな喫茶店である。


にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2011-07-04 21:55 | 旧・札幌日和下駄 | Comments(2)
Commented by かあちゃん at 2011-07-05 11:12 x
はらら~、まだあるんですね~、ここ。
30年位前に(爆!)一度入ったきりだけど
マスターの顔は全く記憶にないけど
不思議空間だったな~って
かすかに記憶に残ってます。
Commented by kels at 2011-07-06 21:26
かあちゃんさん、こんにちは。
当時から不思議空間だったんですね~。
今もすごい良いムード満点ですよ☆
<< ブログテーマ 夏か! >>