<< 星置駅 One Love >>

運転免許試験場

b0103470_21534766.jpg

付き合いで手稲の運転免許試験場まで行った。
さすがに日曜日だからということなのか、朝一で到着したにも関わらず、場内は大変な賑わいぶりだ。
ずいぶん昔から同じように混雑していたように思うけれど、こういう機関のシステムというのは、いつの時代もあまり変わらないものなのだろうか。

手続きを待っている間、窓際に少しだけ置かれている椅子に腰かけて、ぼんやりと会場内の様子を見ていた。

5月下旬とは名ばかりの寒い日だったにも関わらず、肌を大きく露出したヒラヒラの女の子が男の子と一緒にやってきた。
やがて男の子は手続きの列に並んだらしく、ヒラヒラの女の子は一人で僕の隣の椅子に座って、スマホをいじり始めた。

なにしろ昔風の造りだから、椅子と椅子との間隔はかなり狭くて、並んで座ると隣の人と密着してしまうほどだ。
反対側の隣には、高齢の女性が腰かけていて、ほとんど僕の肩に頭をもたれるようにして、うたた寝をしている。

高齢の女性から顔をそむけるようにして反対側を向くと、目の前に女の子の指とスマートフォンがあった。
その気もないのに、まるで他人のメールを盗み見しているようで、すぐに正面を向いた。

それでも視界の片隅に、女の子のティファニーブルーのキラキラした爪がスマホを操作している様子がチラチラと飛び込んでくる。
反対側のお婆さんは、身じろぎひとつしてない。

真正面を向いていると、通り過ぎる人たちがみんな自分を見ているような気がする。
間違いなく視線がこちら側に一瞬集中しては、さっと人が通り過ぎていくのだ。
冷静に考えてみると、通り行く人たちが見ているのは、僕の左側に座っている女の子で、短いヒラヒラのスカートから露出した脚や透けるように薄いブラウスの胸元などが、みんな気になるのだろう。

男の視線というやつを初めて感覚的に理解したが、どうにも身動きできない状態に追い込まれて、呼吸をすることさえ難しく、思わぬ息苦しさを感じると思っていたら、我々のすぐ横には小さな喫煙室があり、頻繁に人の出入りがありドアが常に開閉されているから、辺りの空気も相当に濁っていたらしい。

何より無数の男性の視線が気になって落ち着かず、右側のお婆さんがハッと起きるのを感じながら、僕はその場をそそくさと立ち去った。
その間、わずか10分間ほど。

居場所がないというのは、寂しいことだ(笑)


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2011-05-22 21:54 | 旧・札幌日和下駄 | Comments(0)
<< 星置駅 One Love >>