<< 早朝の円山公園で花見散歩を楽しむ ようやく出た開花宣言と札幌資料館の桜 >>

札幌円山公園で花見バーベキューを楽しむ方法

b0103470_15551955.jpg

通常は火器使用禁止の札幌円山公園では、桜の季節にだけ火器使用が認められている。
北海道の花見ではジンギスカンが定番となっているが、市営の公園においてもそれが了解されているということなのだろう。
ただし、公園内で火器使用が認められているエリアはきちんと決められているので、事前に確認しておくことが必要である。

b0103470_15553321.jpg

火器使用が認められているのは、朝9:00から夜8:00まで。
無人での場所取りは禁止されているので、シート敷きや紐などで事前に場所取りをしておくことはできない。
(実際はそれほど激しい場所取りはないように思われるが)

ピークの週末であっても、早朝に出かけて行けば、そこそこの場所を確保することができる。
朝8:00からは公園横の道路の交通規制が始まるので、早い人たちはその前に出かけて公園横に自動車を横付けして、バーベキューコンロや食材などの荷物を運搬している。

キャンプ場ではないので、テントやタープ等を張ることはできない。
泊まり込みで場所取りをする場合は露天での泊まり込みとなるが、桜の季節、札幌はかなり冷え込むのでしっかりとした防寒対策が必要だ。
(若い人たちが泊まり込んでいる場合が多い)

b0103470_15555312.jpg

荷物の運搬が面倒な人たちは、公園管理事務所でバーベキューコンロなど一式をレンタルすることもできる。
コンロ、網、炭がセットになって1回1,500円。

食材や酒類は地下鉄円山公園駅直結のマルヤマクラスのダイエーなどで調達することができるので、気軽にバーベキュー花見を楽しむことも可能だ。

b0103470_1556167.jpg

ここが公園管理事務所。
バーベキューコンロのレンタルなどの受付はここで行っている。

b0103470_15563327.jpg

芝生を傷めないようコンロの下にはブロックを敷くことになっている。
使用済みの炭を捨てるためのドラム缶も用意されている。

分別のゴミ捨て場も設置されているなど、焼き肉花見に対する札幌市の体制はかなり手厚い。
ジンギスカンを楽しみながらの花見に対する札幌市民の情熱具合が分かるような支援体制だ。

長年、札幌市民が培ってきた札幌流花見。
このまま未来へと受け継いでいきたいものだ。


<関連記事はこちらです>

ようやく出た開花宣言と札幌資料館の桜
http://poros.exblog.jp/15475111/

札幌円山公園の桜の開花はまだ遠い
http://poros.exblog.jp/15428852/

札幌大通公園の桜が見ごろを迎えつつある
http://poros.exblog.jp/15428138/

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
   ↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!

by kels | 2011-05-08 16:18 | 春のこと | Comments(0)
<< 早朝の円山公園で花見散歩を楽しむ ようやく出た開花宣言と札幌資料館の桜 >>