<< 札幌の桜の名所を探してみた 旭山記念公園で札幌焼の窯跡を見てきた >>

「ごはんや はるや」で焼き魚定食を食べてみた

b0103470_19315548.jpg

竹内実の「アトリエインディゴ」の写真を撮っていたら、道路を挟んだ向かい側にある小さな店が目に入った。
一見カフェ風に見えるが、カフェでないようにも見える。
道路を渡って確認すると、「ごはんや はるや」とあった。
雑誌などでも何度か紹介されている人気の定食屋であることは知っていたけれど、きちんと店を確認したのが、これが初めてだった。

店の前には、自動車2台分程度の駐車スペースがあり、11時30分の開店直後というのに、既に2台の自動車が止まっている。
ドアを開けて店内に入ると、男性の一人客が数名、既に食事をしているところであった。
店内は、大きくふたつのスペースに分かれていて、手前側がカウンター席とテーブル席、奥の空間が比較的広めのテーブル席といった具合である。

ランチメニューは、「はるや定食」と「焼き魚定食」があり、それぞれメインの食材をいくつかの中からチョイスすることになっているらしい。
「焼き魚定食」の中に「ホッケの開き」があったので、迷わずにこれを注文。
他にも「はるやのぜいたくごはん」なとどいうのもあって、ランチとはいえメニューは豊富だ。
+300円で、白米を「たこめし」に変えてもらえるということは知っていたけれど、焼き魚の時には、やはり白いご飯で食べたいもの。
たこめしは次回の楽しみに取っておくことにした。

b0103470_19321110.jpg

料理が運ばれてくる。
白米、味噌汁、ホッケの開き、冷や奴、ほか小皿がふたつ。
オシャレなカフェ風定食屋さんだから、ご飯の量も少ないだろうと思って大盛にしたら、結構なボリュームだった。
どうやら普通盛りでも、満足できるだけのご飯が盛られている。
ということは、男性客が多い店ということなのだろうか。

BGMはボサノヴァなどの今風カフェのムードで、昔ながらの定食屋さんといった雰囲気はまるでない。
スタッフは女性のみで、スマートな対応が寛ぎの空間を演出している。
外の看板に「ごはんとお酒とコーヒー」とあるように、夜の利用も十分期待できそうだ。
会計を済ませて店を出るときも、カウンターには男性の一人客。

どうやら、お袋の味的な定食を求める店でもあるらしい。


<関連記事はこちらです>

創作料理のまごころダイニング「粋Laboratory」で日替わり定食を食べてみた
http://poros.exblog.jp/15169750/

からから
http://poros.exblog.jp/8860223/

牛太郎
http://poros.exblog.jp/14288958/


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
   ↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!

by kels | 2011-04-13 19:42 | 食べ物 | Comments(0)
<< 札幌の桜の名所を探してみた 旭山記念公園で札幌焼の窯跡を見てきた >>