<< 札幌駅前通地下歩行空間 買いだめ >>

地下街散策

b0103470_2151853.jpg

開通から一週間経った札幌駅前通地下歩行空間を中心に、札幌市街地の地下街をいろいろと散策してみようと思って街に出る。
考えてみると、ストリート・スナップが好きだから、普段はできるだけ地下街ではなく地上を歩くようにしている。
それだけに、たまに地下街を歩くと、なんだか新鮮だ。

札幌三越で用事を済ませてから、まずは地下鉄大通駅から札幌駅まで、札幌駅前通地下歩行空間を歩いてみる。
先週のオープン日にも歩いているのだけれど、今一つ気分が乗らなくて、すぐに帰ってしまったので、本格的に歩くのは今日が初めてという感じである。

地下街では、東北大震災への救援金活動があちこちで繰り広げられている。
地震から一週間、復興に向けた取り組みが、いよいよ本格的に始まってきたのが、街を歩いているだけで伝わってくる。

地上を歩いても変わらないはずだけれど、地下通路を歩くと、大通から札幌まで意外と距離があるのだと感じた。

札幌駅に到着すると、ちょうど昼前だったので、国際ビルの「味処 あずま」で、うどんと豚丼のセットを食べた。
このセットが、なかなかのボリュームで、しばらくはお腹がもたれているような気がしたほど。
国際ビルには老舗のお店がいろいろと入店しているので、札幌散策では非常に重要なスポットだ(笑)

昼食を食べ終えた後は、再び、地下通路を歩いて大通へ戻る。
写真を撮りながら歩いているので、かなりの時間をかけて大通りへ到着。

大通駅を通過して、そのままポールタウンへ入り、地下鉄すすきの駅まで歩く。
大通~すすきの間は、なじみがあるためか、札幌駅までよりも近く感じられた。
すすきの駅に到着しても、特にするべきことがあるわけではないので、再び、ポールタウンを歩いて大通へ戻る。

久しぶりに4プラの「カバシマヤ」に寄り道してみると、お客さんの相手をしていて忙しそうだったので、店頭の腕時計だけチェックして帰る。
スペースも小さくなったので、店内にお客さんがいると中を見ることはできなくなった。

地下街の空気に少し疲れたので、地上を散策。
ついつい寄り道してしまうのが、「ブックオフ」と「ジュンク堂書店」。
「ブックオフ」では片岡義男と佐多稲子の文庫本を購入。
「ジュンク堂書店」では、「男はつらいよDVDマガジン」を購入。
寅さんのDVDマガジンを買っていると、2週間が速いなあと感じる。
ていうか、全然時間がなくてNo.3号以降はまだ観ていないんだけれど。

札幌テレビ塔から地下街に入って、本日3回目の地下街散歩で「オーロラタウン」を歩く。
考えてみると、東西の地下通路はバスセンター駅まで続いているから、地下通路完全制覇にはならない。
札幌駅地下街も歩いていないので、地下街散策はこの後も続けることにしよう。

いい加減、歩き疲れたので帰宅。
夕方、日が暮れた後で再び外出して、近所の「ブックオフ」を覗いてみる。

・「父の縁側、私の書斎」檀ふみ(2006)
・「海岸通り物語」正本ノン(1984)
・「一番長いデート」赤川次郎(1982)

いずれも105円均一棚からチョイス。
80年代のコバルト文庫、探してみるとなかなかないもんだなあ。

久しぶりに長時間歩いて、さすがに少し疲れたけれど、春に向けて、もっと歩く訓練をしておかなければ。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
by kels | 2011-03-19 22:36 | 日記 | Comments(4)
Commented by nakky85 at 2011-03-19 23:06
札駅~大通間、逆に地上はメッキリ人通りが減りましたね。8割がた地下に逃げてしまったようで・・・

まぁ信号がないし、歩きやすくていいですね。地下は・・・
Commented by kels at 2011-03-20 07:47
nakky85さん、こんにちは。
本当に地上からは人が減りましたね。
路上スナップには、ちょっとさびしいかも☆
Commented by nakky85 at 2011-03-20 08:23
そうですねぇ・・・
この地下道でもスナップをいくつか試みましたが
光量が足りないのと、光にバラエティーがないのと
「基本、ただ歩くだけの空間」ということで
パッとした画が撮れませんね。
Commented by kels at 2011-03-20 20:57
nakky85さん、こんにちは。
さすがに地下なので、光量不足はいかんともしがたいところですね。
僕もいろいろと挑戦してみたいと思っています☆
<< 札幌駅前通地下歩行空間 買いだめ >>