<< 卒業式 携帯電話 >>

b0103470_23473779.jpg

子どもの頃、大きくなったらトラックの運転手になりたいと思っていた。
まだ幼稚園に入る前の、本当に小さな頃のことだ。
あるいは路線バスの運転手でも良い。
タクシーの運転手というのもある。
とにかく、自動車の運転に興味があったから、どんな形でも「運転手」さんになりたいと思っていたらしい。

子どものことだから、当然大きな自動車の方が好きに決まっている。
トラックやダンプカー、バスなどという迫力のある自動車の運転を、いつかはしてみたいと思っていた。
路線バスに乗ると、いつでも運転手席の後ろの座席をキープした。
大きなフロントガラスから見える景色も、黒くて大きなハンドルも、長くて太いギアも、すべてが小さな僕には憧れの存在だった。

あんなに自動車が好きだった僕が、いつから運転手になることをあきらめたのか、自分では分からない。
小学校を卒業する頃には、いつか獣医になりたいと願う自分がいて、中学校を卒業する頃には、いつか小説家になりたいと思う自分がいた。
どの夢も実現することはなかったけれど、何かを追い続けてきて生きてきた人生だったことは後悔していない。

いつか、僕の子どもたちの世代やそのまた子どもたちの世代までが、果てしなく広くて大きな夢を自由に思い描くことができるような、そんな日本であってほしいと思う。
子どもたちの夢や希望に満ちあふれた、そんな地球であってほしいと思う。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑
「スナップ写真ランキング」への参加を始めました。1日1回、クリックをお願いします☆
by kels | 2011-03-14 23:49 | 日記 | Comments(0)
<< 卒業式 携帯電話 >>