<< 雪の街 銀河鉄道の夜 >>

真冬日

b0103470_20562153.jpg

昨日に続いて、札幌の気候の話。
毎年のように暖冬と言っているけれど、実際はどの程度暖かくなっているのだろうか。

12月の真冬日の日数から比較してみよう。

2010年 5日
2009年 7日
2008年 6日
2007年 5日
2006年 5日

どうやら、真冬日の日数だけで比較すると、今年の寒さは過去数年間と比べても大差ないということになる。

それでは、12月の最低気温がもっとも低かった気温は何度か。

2010年 氷点下8.2℃
2009年 氷点下8.9℃
2008年 氷点下9.7℃
2007年 氷点下7.4℃
2006年 氷点下6.4℃

ということで、最低気温も近年と比べて大きな差はないから、今年の12月の寒さは例年並みと言って良いらしい。

ちなみに、12月の最低気温が氷点下10℃を下回ったのは2002年が最後で、10年前と比べて暖かくなっているということはできるかもしれない。

ただし、今年の12月の最高気温は12.2℃で、これは過去10年間で最高。
最高気温が5℃を超えた日数が10日というのも、2008年に続いて多い数字で、この辺りに今年の札幌が冬が暖かいと感じられる原因があるのかもしれない。

This Week In Sapporo(今週の札幌)
http://www.hoku-iryo-u.ac.jp/~wadakg/weeksap.html

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑
「スナップ写真ランキング」への参加を始めました。1日1回、クリックをお願いします☆
by kels | 2010-12-28 21:12 | 日記 | Comments(2)
Commented by nakky85 at 2010-12-28 23:27
気温の比較、ありがとうございました。
そうですか・・・特段に頭抜けて「暖冬傾向」というワケでもなさそうですね。

しかし・・・歩道のツルツルぶりには辟易しますね(泣)
Commented by kels at 2010-12-29 21:11
nakky85さん、こんにちは。
いよいよ雪が降って、冬らしい街になりましたね。
雪の下に氷の路面があるので、歩くのに危険ですが☆
<< 雪の街 銀河鉄道の夜 >>