<< クリスマス・イヴ 新発見 >>

千秋庵とソワレ

b0103470_227183.jpg

本日買ってきた大量のマッチ箱の中から見つけたマッチ。

左側ふたつの赤いマッチ箱は、札幌のお菓子屋さん「千秋庵」のもの。
ちょうど今の季節にふさわしく、クリスマスケーキの販促用マッチだ。
ヒグマのサンタクロースがかわいい(笑)
電話番号の市内局番が一桁なので、昭和30年代のものと分かる。
ちなみに、札幌の市内局番の歴史は次のとおり。

・昭和25年 初めて1ケタの市内局番がつく
・昭和37年、豊平地区で道内初の市内局番2ケタ化
・昭和45年、市内局番3ケタ化

市内局番が一桁のものについては、少なくとも昭和37年以前のものということになる。

さて、右側の白いマッチ箱は、京都の老舗喫茶店「ソワレ」のもの。
東郷青児デザインのマッチ箱が、いかにも昭和チックなムードを醸し出している。
「ソワレ」といえば、何といっても青い照明に浮かび上がる「ゼリーポンチ」で、来年あたりは京都をブラブラ街撮りしたいなあと思っている。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑
「スナップ写真ランキング」への参加を始めました。1日1回、クリックをお願いします☆
by kels | 2010-12-23 22:14 | 日記 | Comments(4)
Commented by 山北雅仁 at 2010-12-23 23:15 x
そういえば上京されたとき目白駅前のエスケースタンプには寄らなかったんですか?私はたまに宝探しに行きます。
Commented by イシダコウ at 2010-12-23 23:46 x
あ~羨まし~!俺も マッチ買いたい~…マッチ売りの少女が聞いたら小躍りしそうなぼやきを漏らしてしまいました。ケーキ屋さんのマッチ、季節感があっていいですね~
Commented by kels at 2010-12-24 23:02
山北雅仁さん、こんにちは。
切手の博物館だけで十分に疲れてしまって、エスケースタンプには寄りませんでした(笑)
途中までフラフラと行きかけたのですが。
この次の楽しみに取っておきたいと思います☆
Commented by kels at 2010-12-24 23:03
イシダコウさん、こんにちは。
クリスマスのマッチ箱って良く見かけるところを見ると、当時からクリスマスは大きなイベントだったということなんでしょうね。
飲み屋さんのクリスマス・イベントの広告マッチも良く見ます(笑)
<< クリスマス・イヴ 新発見 >>