<< ティーカップ ここは東京 >>

クリスマス・プレゼント

b0103470_22431084.jpg

子どものころ、いろいろなクリスマス・プレゼントがあったはずなのに、ほとんど思い出すことはできない。
断片的な記憶が浮かぶだけだ。

スーパーカーブームの頃、ラジコンカーが欲しくて、国産スーパーカー「童夢(ドーム)」のラジコンを買ってもらったのは、あれはクリスマス・プレゼントだっただろうか。
もしかすると、親戚からのお土産だったかもしれない。

ずっと欲しかったトランシーバー、2機で1セットになっていて、友達との探検ごっこに使った。
携帯電話なんて発想さえもできなかった時代、腕時計にトランシーバーが付く時代が来るんだと思っていた。

妙に覚えているのは、友達が買ってもらった学研の電子ブロック。
あんなに欲しかったはずなのに、どうして自分でも欲しいと言わなかったのだろうか。
友達の部屋で、電子ブロックの奇妙なコンピュータ音を聴いて楽しんだ冬休みのことだけが、なんだか記憶に強く残っている。

12月に入ると、新聞の折り込みチラシの中に玩具屋のものを見つけて、あれこれと考えるのが楽しみだった。
思えば、あの薄っぺらい折り込みチラシには、子どもたちの夢が詰まっていたような気がする。
いろいろなクリスマス・プレゼントが僕の中を通り過ぎたけれど、今も手元に残っているものはひとつもない。

そのことが切ないような気がして、僕にとってのクリスマスは、なんだか、はかないものであるような気がするのだ。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑
「スナップ写真ランキング」への参加を始めました。1日1回、クリックをお願いします☆
by kels | 2010-12-21 22:45 | 日記 | Comments(2)
Commented by world-rally at 2010-12-22 16:05
こんにちは
私は未だにプレゼントされた電子ブロック持っていて、たまに遊んでいます
今では七歳の息子が興味を持っています
我ながら物持ちいいな。
Commented by kels at 2010-12-22 21:17
world-rallyさん、こんにちは。
いいなー、電子ブロック!
心からうらやましいです(笑)
当時から大切に持っているのが何より素晴らしいですね☆
<< ティーカップ ここは東京 >>