<< 大雪の日 味噌ラーメン >>

疑似季節感

b0103470_22204741.jpg

季節感の話の続き。

季節感の薄れた時代になるほど、マスメディアにおける季節感の演出が派手になっていくような気がする。
現実の生活の中で薄れたものを補おうとしているのか、季節感が失われていることを必死になって隠そうとしているのか、よく分からないけれど、とにかく、なくなったはずのものを今もあるかのように演出することが当たり前の社会だ。

1年が平準化された現代社会にあって、新聞のテレビ番組欄にだけは、今も変わらず季節感が溢れている。
いや、昔よりもずっと演出過多になっているに違いない。
昔は、暮らしの中のちょっとしたことで季節の移り変わりを感じることができたから、情報を通じてことさらに季節を強調する必要もなかった。
暮らしの中の端っこで、季節を十分に感じることができたのだ。

季節感が失われて、不感症となってしまった現代では、クリスマスだよ、正月だよ、と大きな声で大きな画面を見せなければ、何も伝わらなくなってしまった。
隅々まで演出された社会の中で、僕らは生きているわけで、疑似季節感がバーチャルな季節を味わわせてくれる。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑
「スナップ写真ランキング」への参加を始めました。1日1回、クリックをお願いします☆
by kels | 2010-12-20 22:23 | 日記 | Comments(0)
<< 大雪の日 味噌ラーメン >>