<< 羽子板市 立ち食い蕎麦 >>

東京

b0103470_2143146.jpg

東京の回転寿司の話を書いていたら、早速食べたくなったので、週末を利用して東京まで出かけてきた。
というのは冗談で、久しく帰省していなかったので、正月より一足早く帰省したのだ。
帰省といっても、週末利用の一泊二日、時期が時期だけにクリスマス・プレゼント代わりのお土産を買い求めているうちに休みが終わってしまった。

土曜日の朝早い飛行機で出発。
空港まではいつも高速バスを利用するのだけれど、吹雪のために高速道路が閉鎖されたということで、地下鉄「大谷地駅」でバスを降り、地下鉄で新札幌まで移動して、JRに乗り換えて新千歳空港へ向かう。
至難のスタートだ(笑)

吹雪のため、飛行機の運航も危ぶまれたけれど、20分遅れでどうにか出発。
冬の北海道はこれがあるから怖いんだよなあ。

一転、東京に着くと晴天で、まさしくお散歩日和。
まずは有楽町から麹町をブラブラ。
「泉屋東京店」で、クリスマス限定の詰め合わせを購入。

神保町へ移動して、まずは回転寿司の昼食。
久しぶりに東京らしい回転寿司を堪能した。

古書店街でゆっくり古本を見たいところだけれど、重い荷物を持って歩くのは絶対に嫌だったので、できるだけ写真撮りに専念。
唯一、「アベノスタンプコイン社」で段ボール箱の絵葉書を漁り、昭和30年代の「りぼん」の付録絵葉書100円と、1980年代の観光ミニチラシ数枚を購入。

夕方、実家へ帰り、近所の寿司屋で夕食。

日曜日早くに実家を出て、自由が丘に向かう。
実は、これが初めての自由が丘で、自分の好きな商店街的風景がたくさんあって、思わず街撮りモードに入ってしまった(笑)

偶然に「ポパイカメラ」を見つけるが、まだ開店時刻前だった。

東郷青児の包装紙で有名な洋菓子店「モンブラン」で、ティーコンフェクトの詰め合わせを購入。

「切手の博物館」を観ようと、目白まで移動。
目白駅前には随分清楚な感じの女子が多いなあと思ったら、駅のすぐ横に学習院があった。

先に昼食にしようと思ったけれど、あまり店が分からず、結局駅近くの小さな寿司屋に入る。
回っていないけれど、回転寿司みたいな値段だった(ランチだったからかな)。

「切手の博物館」の入り口には、切手のオーナメントのクリスマスツリーが飾られていた。
特別展示のクリスマス切手まで見学して、最後にショップへ。
自分へのお土産を何も買っていないので、切手を買っていくことに。

額面販売のバスケットから、1970年以前のものを手当たり次第に選んでみる。
そもそもり額面が低いだけに、さしたる金額になるはずもない。
国定公園シリーズの海女さんの切手シートを加えて、自分へのお土産とした。

帰りの飛行機まで、小一時間程度余裕がありそうだったので、浅草まで移動。
ちょっとした時間潰しのつもりだったのに、ものすごい人出でびっくり。
浅草寺の「羽子板市」に人が集まっていたらしく、何も知らなかったのであまりの賑わいに驚いてしまった。
ていうか、こんなイベントをやっているのだったら、浅草にもっと時間を割くようにしておけば良かった。

浅草土産を探そうと思っていたけれど、あまりの混雑で飛行機に乗り遅れても大変なので、あえなく退散。
でも、あの賑わいは自分の街撮り写真にはぴったり。

浜松町からモノレールに乗って羽田空港へ。
実は、このモノレールの時間が一番好きだったりする。

帰りの便も多少遅れて千歳空港へ到着。
おかげで、高速連絡バスが出発したばかりで、空港でしばらく時間潰しをすることとなった。
それでも、今日は札幌も落ち着いた天気で、高速道路も順調。
ほぼ予定どおりに我が家へと到着した。

嵐のような週末が終わった。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑
「スナップ写真ランキング」への参加を始めました。1日1回、クリックをお願いします☆
by kels | 2010-12-19 21:54 | 旧・札幌日和下駄 | Comments(4)
Commented at 2010-12-19 22:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kels at 2010-12-19 22:50
鍵コメ様、こんにちは。
そっかー、自由が丘が青春でしたか。
正直、僕もこの街で暮らしてみたいと思いました、マジで(笑)
でも、できれば僕も学生時代に過ごしてみてかったかな。
>自由が丘デパートの喫茶店で待ち合わせすればよかったな
いいですね~、この次はぜひ☆
Commented by 山北雅仁 at 2010-12-22 20:30 x
上京してたんですね。私は切手の博物館は年10回位行きますよ。
Commented by kels at 2010-12-22 21:23
山北雅仁さん、こんにちは。
あんな施設が地元にあったら、僕も通ってしまいそうです☆
<< 羽子板市 立ち食い蕎麦 >>