<< アンティークショップ36号線 豊平店 「大公」の味噌ラーメン >>

1954年の大五ビルヂング

b0103470_207831.jpg

やめられない札幌古ビル散策、今回は大通西5丁目の「大五ビルヂング」です。
「ビルディング」ではなく「ビルヂング」であるところに歴史を感じますが、札幌都心部にはまだ「ビルヂング」の名称がいくつか残っているようです。

b0103470_2072431.jpg

「大五ビルヂング」では?という人も、「大通美術館」の入っているビルと聞くと、あー、あれかと思い出すかもしれません。
1954(昭和29)年の建築ですが、そんなに古いビルには見えないですよね。
ビル・メンテナンスには、細心の注意が払われているのだそうです。

1階のエレベーターホールでは、安田侃の白い石がお出迎え。

b0103470_2074128.jpg

古いビルでは定番の、階段周りの吹き抜け。
真下に安田侃の白い石が見えます。
高いところが苦手なので、こういう写真を撮るにも、なかなかの苦労があります(笑)

b0103470_2075917.jpg

ビルの随所に昭和的な意匠が見られますが、決して古臭くなく、逆にモダンな印象を受けます。
こうして大切に守られているビルがある一方で、使い捨てにされていくビルもあると思うと、何だか寂しくなってしまいます。

ひとつでも多くのビルが、残されていきますように☆

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑
「札幌情報」への参加を始めました。1日1回、クリックをお願いします☆
by kels | 2010-11-10 20:20 | 建築 | Comments(8)
Commented by nakky85 at 2010-11-10 20:58
あぁ・・・「大」通り「五」丁目だから「大五」なんですね(納得)
Commented by kels at 2010-11-10 21:23
nakky85さん、こんにちは。
昔は建物の名前もシンプルでした。
昭和ビルとか☆
Commented by フク at 2010-11-11 10:43 x
私もこのビル大好きです。
真鍮好きにはたまりません!
Commented by YK at 2010-11-11 21:29 x
大五ビル、なつかしいですね。
このビルの地下の喫茶店、よく入ったものでした。就職して札幌を離れてからも2,3年に一度くらい札幌に帰るたびにお邪魔していました。ところが、いつの間にか店が閉じられていて、正直ガッカリしたものです。
それから、このビルの隣り、北一条通りに面した(つまり警察のむかい)にあったサボイアとともに私にとっては、一番思い出のある喫茶店です。この方はもう随分前になくなってしまいましたが、
札幌を去ってもう50年をこえました。あの頃にもあって今もあるのはコージーコーナーくらいでしょうか。  遠い遠い目。

Commented by kels at 2010-11-11 22:01
フクさん、こんにちは。
真鍮好きですか~。
うーむ、いろいろな観点があるものですね(笑)
でも、確かに同意です☆
Commented by kels at 2010-11-11 22:12
YKさん、こんにちは。
古き良き時代の喫茶店「ポールスター」、大五ビルが完成した年から営業していましたが、残念ながら2004年に閉店しています。
ちなみに、このお店のお嬢さんは、「はいからさんが通る」の大和 和紀さんでした。
「コージーコーナー」の他では、4プラ地下の「西林」なんかも、まだ頑張っていますよ☆
Commented by marinariko64 at 2017-01-22 14:25
初めましてこんにちは。
大五ビルヂングを検索しましたら、こちらのBlogに
巡り会いました。
私もBlogにUPしようと思っていましたので
シェアさせていただきたくよろしくお願い致します。
Commented by kels at 2017-02-05 06:57
marinariko64さん、こんにちは。
お返事が遅くなり、申し訳ありません。
シェアもちろんオッケーです。
よろしくお願いいたします。
ちなみに、古道具の十一月は楽しいお店ですので、ぜひ、一度どうぞ☆
<< アンティークショップ36号線 豊平店 「大公」の味噌ラーメン >>