<< 秋の空 桜月(サクラムーン) >>

櫻月(SAKURA MOON)

b0103470_2052015.jpg

昨今の古民家カフェブームで、すっかりと有名になってしまった「桜月(SAKURA MOON)」の建物ですが、あえて、もう一度おさらいを。

「さっぽろ再生建物第2版」では、この「SAKURA MOON」が詳しく取り上げられています。
それによると、この建物は昭和29年、北海道大学理学部の桂田芳枝教授の住宅として建てられたもので、外国から招いたお客さんに桜を楽しんでもらうことができるよう、2階に和室を設けたとのこと。
昭和63年には、イラストレーターの鯨森惣七さんが、南側の天窓付きの部屋を増築して、今の形となったものだそうです。
ちなみに、門柱や鉄柵なども、当時のままなのだとか。

もうひとつ、和田由美さんの「さっぽろ喫茶店グラフティー」にも、「SAKURA MOON」は登場していますが、
こちらでは、この建物は北大で初めて女性の教授となった桂田芳枝さんが、自ら設計も行ったものとして伝えられているそうです。

あまりに素晴らしい環境にあるだけに、桜の季節には当然混雑、その他の季節でも賑わいが絶えることのないカフェ&レストラン。
庭の木々と一緒に、季節を感じたいお店ですね。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑
「札幌情報」への参加を始めました。1日1回、クリックをお願いします☆
by kels | 2010-10-18 21:09 | カフェ・喫茶店 | Comments(2)
Commented by エム at 2010-10-19 01:04 x
はじめまして。札幌に住んでたものです。
ここ最近札幌の街はどうなのかなーと思い(軽くホームシック!?)ここにお邪魔させてもらいました。
私もカフェ好きだったので、知っているカフェを見つけるととても懐かしい気持ちになりました。
森彦はお気に入りのカフェだったのですが2号店があったのですね。知りませんでした・・。
今度札幌に帰った時の為、時々ここをチェックさせて頂きますね!

p.s写真お上手ですね。私も見習います!!
Commented by kels at 2010-10-19 23:20
エムさん、こんにちは。
「森彦」の2号店も3号店も本店とは全然違うテイストのお店なので、それはそれで楽しめるのではないかと思いますよ。
これからもよろしくお願いいたします☆
<< 秋の空 桜月(サクラムーン) >>