<< 秋祭り バーテズイ・ガール >>

釧路行き

b0103470_221028100.jpg

仕事で、釧路・帯広方面へ出かけていた。
出発したのが、水曜日の夕方のJRで、その日の午後は小樽で仕事をしていたから、予定の釧路行き特急に乗るために、かなり慌ただしい行動となった。
札幌駅での連絡時間がおよそ5分。
まさしく、ギリギリセーフのタイミングだった。

釧路到着が20時半過ぎ。
宿泊は駅前のビジネスホテルで、これがプライベートの旅行だったら、駅前旅館や民宿などを探すところだけれど、仲間が同行の仕事なので、ホテルや列車の手配については、すべてをコーディネーターに一任している。

チェックインを終えたら、すぐに夕食に出かける。
ホテルのフロントで訊ねると、ホテル真向かいにある小さな居酒屋の評判が良いと言う。
近所付き合いのPRだろうけれど、繁華街まで歩くのも面倒だったので、その小さな赤提灯に入り、釧路産のサンマ焼きとイカ刺しで簡単な夕食にした。

ビジネテホテル・オーシャンは、温泉ではないものの展望大浴場まで備えた、なかなか快適なビジネスホテルだった。
夕食後と翌朝と、結局2回も大浴場に入る。

朝食は無料サービスだが、コンビニのオニギリ2個というのは、ちょっと寂しい。
それでも、釧路駅前もビジネスホテルがたくさん建ち並んでいて、これは競争が大変なのだろうなあ。

木曜日は、一日釧路市内をかけずり回り、19時発の特急で帯広へ移動。
帯広に到着してから夕食では遅くなるので、釧路駅の蕎麦屋で簡単に済ませた。

帯広到着は、やはり20時半近くで、駅前のビジネスホテルパコ2にチェックイン。
パコの温泉が利用できると、ここを予約したコーディネーターが楽しみにしていたのだけれど、なんと、当日の午後になって別の緊急用務が入り、急遽函館入りをしなければならないということで、夕方の列車で一足先に釧路を旅立っていたのだった。

パコ2には大浴場がないため、元祖パコの温泉大浴場を利用するシステムなのだという。
そのシステムをよく理解しないで、パコ1に向かおうとしていたら、たまたま居合わせた親切な女性が、パコの温泉システムについて詳しく説明してくれた。

つまり、パコ2のフロントでルームキーを預けた上で、入浴券みたいなものを受け取る。
ここで、下駄を借りると、気持ち的にも楽になれるのでお勧めである。
後は、パコの地下にある大浴場の受付で入浴券を出せば良い。

入ってみると、入り口が大浴場と露天風呂とに分かれており、迷わずに露天風呂に入る。
市街地のビジネスホテルの地下浴場で露天風呂?と思ったものの、ビルの中庭が吹き抜けになったところに露天風呂がある。
まさしく、ビルの谷間の露天風呂だが、気分は悪くなかった。

風呂から上がると、ホテルのロビーで阪神・中日戦を放送している。
試合は延長戦で藤川球児が投げているところだった。
しばらく立ったまま観戦していたのだけれど、もしかするとホテルの部屋でも観ることができるのではないかと思い、急いでパコ2へと戻る。

バスタオル抱えて走っていたから、すれ違ったカップルに笑われてしまった。
帯広で笑われても、全然気にはならない。

予想どおり、ホテルの部屋でもNHK-BSを観ることができる。
結局、試合終了の23時半まで野球を観てから眠った。

パコの朝食はバイキング形式。
たいしたものではないにしても、なんとなく満足感があるものである。

本日、金曜日は一日帯広市内をかけずり回る。
昼食に、西帯広の「有楽町」でジンギスカンを食べることができたことだけが、この3日間の中での唯一の自由時間みたいなものだった。

すべての予定を終えて、16時40分過ぎの札幌行き特急で帰札。
金曜日の夕方だから、混雑するのではないかと思い、早めに指定席を押さえておいてもらったのだけれど、果たして指定席は満席、自由席も立ち客が出る程の混雑であった。

20時15分、札幌駅に到着。
3日間としては、少し詰め込めすぎの感があるハードスケジュールであった。
次回は、もう少しゆとりを持たせた方が良いなあ。


にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

↑↑↑↑↑↑
「ブログ村」への参加を始めました。1日1回、クリックをお願いします。
by kels | 2010-09-10 22:21 | 日記 | Comments(4)
Commented by drkk at 2010-09-11 09:50
出張お疲れ様でした。ハードでしたね!
温泉のあるホテルってのはいいですね。出張がちょっと楽しくなりますね。
Commented by kels at 2010-09-11 23:05
drkkさん、こんにちは。
ほんと、風呂くらいの楽しみがないと、やってられませぬ(笑)
Commented by 山北雅仁 at 2010-09-12 00:04 x
私は帯広生まれです。帯広はどこを掘っても温泉が出ると云われていて、ビジネスでも温泉ホテルが多いです。私も行きたくなりました。
Commented by kels at 2010-09-12 20:40
山北雅仁さん、こんにちは。
確かにあの辺りは温泉が豊富ですよね。
駅前で温泉ホテルって、なんだかすごいですけど☆
<< 秋祭り バーテズイ・ガール >>