<< 麦酒 和ガラス >>

アイスキャンデー

b0103470_20494098.jpg

夏休みの楽しみといえば、暑い午後に食べる1本のアイスキャンデーだった。
アイスクリームよりはアイスキャンデーが好きで、特に果汁の入ったフルーツ系が爽やかで好きだった。
最近の「ガツンとみかん」などよりは、もっと素朴で、けれど滴るようなアイスキャンデーが、当時はとても美味しく感じられたものだ。

アイスキャンデーおいしくポプラうつくしく 京極杞陽

懐かしいアイスといえば、まずはメロンアイス。
メロンの形をしたカップに入ったメロン味のアイスクリームで、メロン味というだけで、どことなく高級な感じがしたものだ。
近所の駄菓子屋の冷凍庫から出したばかりのアイスクリームは、大抵の場合、カチンカチンに固かったから、常温に置いて、少し溶け始めたところを食べるのが好きだった。

みんなが「オッパイアイス」と呼んでいた、ゴム風船に詰め込まれたアイスクリームも懐かしい。
乳首のように飛びだしたゴムの先を歯で噛みちぎり、赤ん坊が母乳を吸うように、チュウチュウとアイスクリームを吸い出した。
食べ方も変わっていたけれど、あのアイスクリームは、やはり美味しかったような気がする。

貧しき通夜アイスキャンデー噛み舐めて 西東三鬼

全国的なものだったのか分からないけれど、トウモロコシの形をしたバニラ最中で、僕らは「トウキビアイス」と呼んでいた。
パッケージの紙包みを、トウキビの皮を剥くみたいに開いて、トウキビの形をした最中を割ると、まさしくトウキビ色のアイスクリームが姿を現した。
こってりとした濃厚な味は、どこかトウキビらしき味を感じさせたものである。

少年時代みたいにアイスキャンデーを食べることは少なくなってしまった。
思えば、あの頃は真夏の午後の太陽の下、思いきり走り回っていたわけで、汗を流しながら食べるアイスキャンデーの味は格別のものだったはずだ。
たかだか50円のアイスキャンデー1本にも、真夏を全身で楽しむことができたあの頃を思い出すと、なんだか少年時代がとてもうらやましい気持ちになるのだ。

ふとアイスクリームといふことばいで 京極杞陽



にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

↑↑↑↑↑↑
「ブログ村」への参加を始めました。1日1回、クリックをお願いします。
by kels | 2010-08-04 21:19 | 旧・札幌日和下駄 | Comments(6)
Commented by cappu at 2010-08-05 13:02 x
記載された昭和の4種のアイス、どれも懐かしい思い出いっぱいのものでした。
kelsさんと同じ時を過ごしていた?フッ!どんな場面もほのぼの~なのが昭和ですねぇ♪
Commented by イシダコウ at 2010-08-05 23:29 x
ありましたね~、メロンアイスやオッパイアイス! でも、アイスキャンデーは久しく口にしていないかも。着色料たっぷりの真オレンジのアイスキャンデーとか、昔は夏になると、冷蔵庫の冷凍室に必ずあったのに。
Commented by kels at 2010-08-08 23:03
cappuさん、こんにちは。
確かに、あの頃はほのぼの~と言う感じでしたよね(笑)
一日も長かったような気がします☆
Commented by kels at 2010-08-08 23:04
イシダコウさん、こんにちは。
チューブのジュース氷らせたやつを、半分に折って食べたりしたのも懐かしい感じがします。
今では、専用の商品が売られているようですが☆
Commented by 山北雅仁 at 2010-08-09 09:58 x
「オッパイアイス」はアイスボンボンという名前だったと思います。幼少のころ10円で中身が溶けて全部食べ終わるまで時間がかかり、その間楽しめましたね。
Commented by kels at 2010-08-09 21:30
山北雅仁さん、こんにちは。
そうそう「アイスボンボン」です。
(たまごアイスというのもありますが)
溶けた後の液体を飲んでも美味しかったような気がします(笑)
<< 麦酒 和ガラス >>