<< 朝から雨 駅前旅館 >>

ボリューム

b0103470_2214299.jpg

環状通りで信号待ちしていると、隣の自動車のカーステレオが響いてきた。
よく分からない女の子のアイドルみたいな音楽を聴いているらしい。
何考えてるんだよと思いながら、わざとその自動車の方を見ないようにしているうちに、昔のことを思い出した。
その頃の僕は、カーステレオの音量をめいっぱいに上げて、まるで爆音みたいに自動車を走らせていた。

新入社員だった僕の自動車が出勤してくると、ビルの2階で仕事をしていた社員達みんなが気付いたという。
最初のうちは驚いたものの、そのうちにみんな慣れて、誰も何も言わなくなった。
「まるで右翼の街宣車だよ」
そう言って苦笑するくらいだった。

ある女の子の家の前へ到着したとき、僕はザ・フーの「マイ・ジェネレーション」をいつものように大音量で聴いていた。
出迎えた彼女は、一言「カッコわるいよ」と冷淡に言い放った。
居間の窓から、彼女の父親が何事かと外の様子をうかがっているのが分かると、突然にバツが悪くなった。

そんなことがあったからと言って、習性が簡単に変わるわけでもなかったけれど、僕は少しずつ他人の目を気にするようになっていた。
よほどイライラしているときを除けば、ボリュームは少しずつ小さくなっていった。

大人になったことといえば、そんなことくらいだろうか。

EOS Kiss Digital X / EF50mmF1.8 / clear


にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

↑↑↑↑↑↑
「ブログ村」への参加を始めました。1日1回、クリックをお願いします。
by kels | 2010-07-08 22:34 | 旧・札幌日和下駄 | Comments(0)
<< 朝から雨 駅前旅館 >>