<< 舟盛屋 カフェ巡り >>

純喫茶オリンピア

b0103470_20305688.jpg

道庁赤レンガの北向かい、ビルの地階にある「純喫茶オリンピア」。
平日のみ営業のため、最近はほとんど訪れることさえできない。
午前9時過ぎに店に入ると、朝早いサラリーマンの姿がちらほら。

ちゃんとした喫茶店の条件のひとつは、朝から営業していること。
ここが、昼前から営業を開始するカフェと喫茶店との一番の違いだろう。
モーニング・サービスのメニューを見ると、ワクワクしてしまう楽しみが喫茶店にはある。

店へ降りる階段の途中には、東京オリンピックのポスターが飾られている。
北4条ビルの完成が1964年、つまり東京オリンピック開催の年だ。

内装も昭和の良き雰囲気をそのままに残している。
豪華なシャンデリアが、かつての純喫茶を今に伝えている。

ナポリタンを始めとするフードメニューは、昭和の喫茶店らしくボリューム満点。
コーヒーもマグサイズのカップ&ソーサにたっぷりと注がれてきて300円。
しかも、お代わり150円という徹底したサービスぶりだ。
本を持ってきて、一日中コーヒーを飲んでいたいと思わせられる、まさしく正統派の喫茶店と言えるだろう。

店内が充分に広くてゆったりしていることも、ここの特徴だろう。
平成に残る昭和の純喫茶、いつまでも大切にしていきたい名店である。


<関連記事はこちらです>

ロスマリン
http://poros.exblog.jp/12756781/

カフェクラブ ロスマリン
http://poros.exblog.jp/14795187/

純喫茶わらび
http://poros.exblog.jp/13135935/




にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

↑↑↑↑↑↑
「ブログ村」への参加を始めました。1日1回、クリックをお願いします。
by kels | 2010-04-30 20:53 | 旧・札幌日和下駄 | Comments(0)
<< 舟盛屋 カフェ巡り >>