<< 新人 人生ゲーム >>

狸小路

b0103470_18432080.jpg

いつものように起床。
窓の外を見ると青空で、久しぶりに街に出て写真を撮ろうと思う。

朝イチで髪を切る。

カメラを持って、街を徘徊。
もうすぐ4月だというのに、昨夜も雪が降り、風は冬のように冷たい。

金曜日から始まっている「ラルズ」の骨董市を覗いてみる。
高価で伝統的な骨董品が多く、なかなか買うべきものは見つからなかった。

「ブックオフ」へも寄り道。
こちらも買うべきものがなく、コミックを1冊だけ買って店を出た。

その後は、ひたすらに街をウロウロする。
いつも思っていたことだけれど、人の流れが狸小路に集中しているのは、風が冷たいためだろうか、それとも、狸小路の人気が復活しているからなのだろうか。
狸小路を歩くと、人が多いことに驚かされる。

逆に、十字街や一番街などは、思ったよりも人が少ない。
雪が溶けて、風が暖かくなると、また人も街に出るのかもしれない。

夕方、昼寝。
恒常的な睡眠不足で、体がぐったりしているのが分かる。
だからといって、朝ゆっくりと寝ていられないのは、これは性格のせいだろう。


にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

↑↑↑↑↑↑
「ブログ村」への参加を始めました。1日1回、クリックをお願いします。
by kels | 2010-03-28 18:44 | 旧・札幌日和下駄 | Comments(0)
<< 新人 人生ゲーム >>