<< PEN EE-3 市電延伸 >>

OM-2N

b0103470_17414993.jpg

朝、目を覚ますと青空が広がっていたので、慌てて朝食を食べてから、カメラを持って街に出た。
ずっと、朝日射す街の写真を撮りたかったのだ。
もっとも、実際に街に出て見ると、ビルやマンションの陰になって、朝日の当たらない場所が多く、街で朝日というのは案外難しいものだと思った。

旭山記念公園へ行って、札幌の街並みを見下ろす。
犬の散歩に来ている人達が多い。

中央図書館に行って、借りていた本を返却する。
2週間なんてあっという間だ。

札幌駅前をフラフラ。
中古カメラの店を覗くと、OM-2(N)がレンズ付きで出ていて、思わず衝動買いしてしまう。
OM-1は持っているのだけれど、最近はOM-2にも興味が行っていたのだ。
探すと、案外ないものだけれど、予想よりもお買い得な値段で入手できた。

この間まであった、同じくオリンパスのペンFTが売れていた。
ペンFシリーズは予想以上に動きが速いという。
最近2週間で3台入って、いずれも入荷後すぐに売れているらしい。
いったい誰が使っているのだろうか。

とりあえず、OM-2Nの試し撮りをしたいので、ソラリス400の36枚撮りを買って、適当に撮りまくる。
途中で、ミラーアップしたまま、動かなくなってしまった。
帰宅してから、ネットで調べると、電池切れの症状らしかったので、ストックしていた電池と交換してみると、きちんと正常に戻った。
(シャッターロックしていた状態らしい)

昼食を食べてから、街に出て残りのフィルムをすべて撮り終える。
さて、フィルム巻き上げになって、いやに巻き戻しクランクが重い。
今にして思うと、巻き戻しクラッチがきちんとRにセットされていなかったらしい。
思ったよりも簡単にフィルムの切れる感覚が手に伝わってきた。

仕方なく、カメラごと写真屋に持ち込み、フィルムを救出してもらった。
「今日はフィルム切れ続出ですよ」と、笑われた(笑)
自分としても、フィルムを切ったなんて初めての体験だったので、かなり落ち込んだ。

現像&プリントを待っている間、ミニ大通のカフェ「倫敦館」でお茶を飲む。

夕方、写真を受け取ってから帰宅。
なんだか、OM-2Nに振り回された一日だったけれど、写真は予想以上にキッチリ写っていた。
露出計もバッチリ。
もっとも、普段は面倒なので体感露出で間に合わせているから、メーターはほとんど使わないような気がするのだけれど(笑)
きちんと使えるに越したことはない。

早く桜を撮りたいなあ。


にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

↑↑↑↑↑↑
「ブログ村」への参加を始めました。1日1回、クリックをお願いします。
by kels | 2010-01-31 18:08 | 写真・カメラ | Comments(0)
<< PEN EE-3 市電延伸 >>