<< OM-2N 恵方巻き >>

市電延伸

b0103470_6362023.jpg

札幌市は、新年度から市電延伸議論を本格的に始めるらしい。
市電延伸は、長年の懸案事項だっただけに、そろそろ最終的な方向性が出ることに期待したい。

現在、札幌市が持っている計画は4案で、①すすきのから西4丁目、時計台通りを経て札幌駅へ、②西4丁目から、サッポロファクトリーを経て苗穂駅へ、③西15丁目から北へ延ばして、桑園駅を経由して市立病院前へ、④電車事業所前から南へ延ばして石山通まで、となっている。

当然、最大の課題は「ススキノ~西4丁目」のループ化で、第1案では、これに加えて市街地を経由しながら札幌駅まで繋ぐものとなっているから、やはりこれがメインの計画になるのだろう。
第2案以下は、大きな集客が望めないことから、現実的にはちょっと厳しいような気もする。
路面電車が新しい時代の公共交通機関だと考えれば、全部の案を実現して、市電を全面に押し出すのもありだとは思うのだけれど。

バスなどに比べて、市電の優位な部分は、良く言われるように、環境付加が少ないこと。
そして、実際に利用して感じることは、意外と時間に正確なことである。
決められた専用レールの上を走るだけだから、市電が定時性に優れているのは当然といえば当然のこと。
大雪の日でも、市電はほぼ定刻通りに走り続けることが可能なのだ。
(乗用車などが軌道を塞いだらアウトだが)

個人的な感想だけれど、路面電車は北の街に、とても良く似合う公共交通機関だと思う。
いつの日か、街中を市電が走る札幌を見ることができたらと、心から願っているのだけれど。


にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

↑↑↑↑↑↑
「ブログ村」への参加を始めました。1日1回、クリックをお願いします。
by kels | 2010-01-31 06:58 | 札幌のこと | Comments(6)
Commented by サラリーマンレポート at 2010-01-31 13:37 x
こんにちわ、市電は札幌の街並みに溶け込んで景色の一部です。市電の車窓から街の景色をぼんやりと眺めるとなんだかホッとしますし、おっしゃる通り以外に時間通りで、環境にも良さそうです。
この経済情勢では、なかなか現状維持から踏み出すのは大変そうですが、世の中の流れは路面電車に戻ってきているのかもしれませんね。
そうそう函館も市電が似合う街かと。
Commented by kels at 2010-01-31 19:59
サラリーマンレポートさん、こんにちは。
景気でいうと、タイミングが悪すぎなんですよね~。
それでも、札幌駅~大通の地下街作ったり、創成川通りの完全アンダーパス化工事したりと、都市部の再編は着々と進んでいるのですが。
函館は本当に市電が似合う街ですよね。
小樽にも市電があったら良かったと思います☆
Commented by artigana-g at 2010-01-31 23:00
こんばんわ.市電のお話,お正月に実家で聞いていました.
昔に戻るような感じですが,,,札幌のみなさんは市電を必要としているのでしょうか?観光のため?でしょうか.赤字にならないといいですけどね.ちょっと心配です.
私はたまにですが札幌の,昔あった電車の線路や駅が出てくる夢を見ます.この話を妹にしたのですが,なんと,妹も見た☆と言っていました.双子です^^
Commented by temp at 2010-02-01 17:36 x
どうして市電が良いと思うのか、はなはだ疑問。市電沿線に住んでいますが必要性を感じない。バスのほうがよっぽど便利です。雪の多い札幌になじむ公共交通と思えませんし、道路のメンテ費用余計必要ですよ。
Commented by kels at 2010-02-01 22:19
artigana-gさん、こんにちは。
街中を市電が走り回っていたなんて、今では信じられないですね(笑)
札幌の公共交通機関で赤字を出さない経営は、事実上難しいのではないでしょうか。
どれだけ自動車を減らすかが課題になりそうです。
さすがに、双子ともなると見る夢まで同じなんですね~☆
Commented by kels at 2010-02-01 22:23
tempさん、こんにちは。
公共交通機関としての市電整備には、これからたくさんの議論が必要だと思います。
総合的な街づくり議論が期待されますね☆
<< OM-2N 恵方巻き >>