<< 中華まんじゅう 雪のない街 >>

トーキョー・アルキ

b0103470_18404346.jpg

荒木経惟の「トーキョー・アルキ」を読んだ。
東京散策をしながらのストリート・スナップ集で、どこを切り取っても東京の素顔がある。
東京はやっぱりいいなと思い、同時に、ストリート・スナップの楽しさも、改めて感じた。

「街が話しかけてくるのだから、写真家はそれを複写するだけで良い」という言葉は、まさしく真実だと思う。
何かを生み出すというよりも、そこから何を取り出すかが、写真家にとって残された役割のような気がする。

街に出れば、すべては事実である。
何かもかが真実ではないかもしれないけれど、そこに存在しているものは嘘ではない。
森羅万象の街の中から何を選び、何を記録するのか。
ストリート・スナップの楽しさは、まさしく切り取る者の楽しさなのだ。


にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

↑↑↑↑↑↑
「ブログ村」への参加を始めました。1日1回、クリックをお願いします。
by kels | 2010-01-03 18:46 | 写真・カメラ | Comments(0)
<< 中華まんじゅう 雪のない街 >>