<< バロックの森 カフェ・アクアリウム >>

昭和カフェ

b0103470_2041403.jpg

とあるカフェの店頭で、小さなフリーマーケットがあり、その中から拾い上げた1冊の古本。
1976年に発行された「近代食堂」の別冊「喫茶&スナック」で、当時の喫茶店経営のあり方が1冊にまとめられていて、実にレトロな気持ちに浸れる。
古本を抱えたまま、そのカフェの店内に入り、椅子に座ってゆっくりと読んだ。
どこを読んでも、昭和レトロな喫茶店のイメージばかりである。
食器も、メニューも、ネーミングも、何から何までリアル・昭和なのだ。

「この店でも、こういう昭和のメニューを復活させたら面白いのに」と言ったら、「将来、ご自分でどうぞ」と、軽くあしらわれてしまった。
仕方ないから、近い将来、自分自身でこういう懐かしい喫茶店を復活させるしかないか、と思った。
ドリンク・メニューは、ブレンド、アメリカン、ウィンナー・コーヒー、レモンティー、ココア、ミルクなんて感じで、コーラとオレンジジュースくらいは置いても良い。
フード・メニューは充実させなければならない分野で、ナポリタンやチキンライス、ドライカレーなどの定番メニューが大切で、クリームソーダやフルーツパフェ、プリン・ア・ラ・モードなどのデザートもきちんと押さえておく。
テーブルには、もちろん「星占い」の機械を置いて、若い恋人達の雰囲気を盛り上げるのに一役買おう。

でも、果たして、そんな喫茶店が平成の世の中で、営業を続けていけるものだろうかと、ふと考える。
まあ、いいか。
喫茶店なんて夢を売るような商売なんだから。


にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

↑↑↑↑↑↑
「ブログ村」への参加を始めました。1日1回、クリックをお願いします。
by kels | 2009-09-09 21:10 | カフェ・喫茶店 | Comments(0)
<< バロックの森 カフェ・アクアリウム >>