<< 10年遅かったな キャンドル・ナイト >>

円山珈琲館「さの」

b0103470_2227339.jpg

夏至の夜、キャンドル・ナイトの明かりが灯る円山の街。
人通りも少なくなって、僕らは静かな街をゆっくりと歩く。
カフェやレストランの照明は消えて、小さな蝋燭の光だけが彼女の顔を微かに浮かび上がらせている。
もう少し、この街にいようか。
漂うコーヒーの香りの中で、誰かがそう呟いた。


にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

↑↑↑↑↑↑
「ブログ村」への参加を始めました。1日1回、クリックをお願いします。
by kels | 2009-06-21 22:31 | カフェ・喫茶店 | Comments(4)
Commented by fu at 2009-06-22 00:37 x
蝋燭の明かりで飲むコーヒーも美味しそうですね。

文明が発達するにつれて、この世界から闇が減りました。
ススキノなんて、昼のように明るくて本当に夜?とさえ思います。
と言いつつ、賑やかなネオンは嫌いではないんですけど(笑)
たまには蝋燭の優しい明かりも良さそうですね♪
Commented by kels at 2009-06-22 21:54
fuさん、こんにちは。
暗闇が減ったのって残念ですよね~。
僕はアウトドアが好きなので、キャンプでの暗闇はとても貴重な時間だと思っています。
街のネオンはネオンで好きなんですけどね☆
Commented by 司法浪人医師 at 2009-06-25 10:59 x
はじめまして。

私の実家は円山公園、北海道神宮のすぐそばにあります。

最近はあまり帰省できなくなり、やたらと札幌が恋しくなることも多いです。

今年は何とか、7月の論文試験を終えれば帰省できるのではないかと、楽しみにしています。

札幌のスナップ、これからもよろしくお願いします。
Commented by kels at 2009-06-25 23:36
司法浪人医師さん、こんにちは。
神宮のすぐ近くの実家なんてうらやましいですね~(笑)
お久しぶりの札幌を楽しめたらいいですね。
これからもよろしくお願いいたします☆
<< 10年遅かったな キャンドル・ナイト >>