<< 木の電柱 結婚式 >>

朝の散歩

b0103470_1752101.jpg

春めいてきたので、久しぶりに朝の散歩に出かけた。
6時半過ぎに家を出たけれど、太陽の光が暖かくて気持ち良い。
冬の間、あれほどに天気が悪かったのが嘘みたいだ。

電車通りに沿って、南山鼻地区をふらふらとする。
かつて、北海道教育大学があったこの辺りには、古い下宿やアパートなどの建物が残っていて、かつての学生街の面影を漂わせている。
今までに気が付かなかったような小道や建物を発見したりして、やはり散歩は楽しい。

1時間ほど歩いてから部屋へ戻って朝食を摂り、それから改めて図書館へ出かけた。
仕事関係のほかに、旅行関係の本などを借りたりしてすぐに円山へ向かう。

この間、駐車場が混雑していて入れなかった「マルヤマ・クラス」へ行ってみようと思っていたのだ。
10時少し前に到着、地下の駐車場へ自動車を入れる。
さすがに円山地区らしく、店内はかなりゆったりと余裕を持たせて空間が作られている。

雑貨屋さんを中心にチェックしていると、古い外国雑貨を扱う店を発見。
アンティークというよりは、ビンテージ雑貨がいろいろとあって楽しい。
ビンテージ品の他に、古い素材を再利用したショップのオリジナル雑貨なども扱っているようだ。
どこかで見たような品揃えだと思って、お店の女性に訊ねてみると、やはり、かつて「4プラ」や「コスモ」にあった「VERONICA(ヴェロニカ)」だった。

「プラース・マウル」にも、現行品の輸入雑貨と一緒にビンテージ品が並べられていて、なかなか楽しかった。
イギリス雑貨というのも、ナチュラルな感じがして、暮らしの中に溶け込んで使えそうである。

輸入玩具の「KIDS JAM」には木の温もりを主張したドイツ製のおもちゃがたくさん。
外国のおもちゃには、手作りの温かさが伝わってくるようなものが多い気がする。
日本のオモチャだって、昔はきっと温かかったに違いないのだけれど。

いくつかのショップで、買いたいと思うようなビンテージ品があったけれど、今日のところは見るだけにして、「町村農場」のドーナツと、「もりもと」のいちご大福とどら焼きを買って帰る。

帰り道に、ちょっと遠回りをして、コーチャン・フォーへ寄り道。
「フォトグラフノート」の特集が「都市を撮る」だったので購入。
街撮りはスナップ写真の基本だからね。

昼を過ぎていたので、どこかで昼食を食べたいと思ったけれど、なかなか店が決まらなくて、結局、電車通りの「あじ太郎」で持ち帰り弁当を買って帰った。
ここの弁当の特徴は、きっとその「ボリューム」なんだろうな。
安くたくさん食べたい人向き、絶対。

一週間の疲れを取るべく、午後から少し昼寝。
窓からは相変わらず青空が見えて、気持ちの良い午後だった。


にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

↑↑↑↑↑↑
「ブログ村」への参加を始めました。1日1回、クリックをお願いします。
by kels | 2009-04-05 18:20 | 随想・日記 | Comments(2)
Commented by appletree1217 at 2009-04-07 09:05
kelsさん、こんにちは。
関西は桜満開ちょっと前ですが、札幌も春めいてきましたね。
雑貨好きの私、kelsさんの行動には大いに興味あるのですが、
今日は「あじ太郎」のお弁当が気になります。
くいしんぼうなので。
ボリュームがあって、たくさん入ってると幸せな気分になりますね~
Commented by kels at 2009-04-12 09:11
appletree1217さん、こんにちは。
桜満開がとてもうらやましいです。
桜の季節が大好きで、とにかく桜のことを想い続けているほど(笑)
お弁当はやはり安くて量が多い、これが大切ですね(笑)
<< 木の電柱 結婚式 >>