<< 札幌古本屋事情 創成川東 >>

札幌ラーメン あじよし

b0103470_2202511.jpg

国道36号線が創成川を越えて東側に入った辺りは、昔ながらの建物が並ぶ、札幌都心部でも貴重なエリアだ。
一画には、蕎麦屋やラーメン屋が並んでいて、どの店も年季の長さを感じさせる。
「あじよし」も、そんな古い建物で営業する札幌ラーメンの店だ。
店構えはかなり昭和的で、老舗という言葉を通り越して、何やら凄みがある。
けれども、暖簾をくぐって店内に入ると、そこにはほんのりの暖かい昭和的空間が待っていた。

店内はかなり狭い。
テーブル3つも、かなり無理をして詰め込んだ感じ。
一番奥のテーブルに座って、札幌ラーメンの定番である醤油ラーメンを注文。
無口な主人が黙々とラーメンを作り、愛想の良い女将がお冷やを運んでくる。
きっと一見の客なんてかなり珍しいんだろうと思われる空気が、店と客の間に流れているのが、ひしひしと感じられた。

ラーメンは昔ながらの札幌ラーメンの味。
聞けば創業以来34年間、スープの味は変わっていないという。
どおりで懐かしい味だと思った。
昨今のゴタゴタした複雑なラーメンに比べたら、極めてシンプルな味だけれど、僕はやっぱりこういう札幌ラーメンが好きなのだと、改めて感じた。
何より、暖かい雰囲気の中で食べるラーメンが一番だよなあ。


にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

↑↑↑↑↑↑
「ブログ村」への参加を始めました。1日1回、クリックをお願いします
by kels | 2009-01-24 22:12 | 旧・札幌日和下駄 | Comments(0)
<< 札幌古本屋事情 創成川東 >>