<< トイデジ専用フィッシュアイ 赤いネコ? >>

喫茶店

b0103470_1821401.jpg

久しぶりに、昔みたいに街を歩いてみようと思い、朝早くから街へ出た。
開店したばかりの「ホールステアーズ・カフェ」で一服。
考えてみると、ちゃんとした喫茶店というのは、朝早くから営業しているのが特徴なのかもしれない。
いわゆるカフェとは、ちょっと違う点である。

店を出ると、ものすごい雪が降っていて、どうやら天気予報が当たった模様。
雪の中、北へ歩いて、時計台あたりを写真に撮る。
今日は、トイデジ専用フィッシュアイレンズを持って歩いたので、どうでもいい風景を撮るのも楽しかった。

時計台北側の「サッポロ珈琲館」、降りしきる雪の中で、とても良い雰囲気だ。
雪に濡れまくったので、時計台の裏にある「北地蔵」で一服。
甘いブリンでちょっと元気を足り戻した。

再び外に出て、今度は南へと歩いていく。
「ロックフォール・カフェ」は、またこの次にしよう。
時間は昼近くなっていて、街には人の姿が多くなっていた。

たくさん歩いて、お腹が空いてきたので、すすきのの「のあ」で簡単なランチ。
ナポリタン400円、コーヒー200円。
アーケードゲーム機をテーブル代わりにして、懐かしいナポリタンを食べていると、気分は完全に80年代(70年代かも)だった。

満たされたお腹で、再び街に出て、すすきのから北へと戻っていく。
すすきの交差点の「サンローゼ」で、ウィンドゥの写真だけ撮影。
ジャズ喫茶「BOSSA」の前で、コーヒーを飲もうかどうしようか迷ったけれど、もう少し歩くことにする。

雑貨屋さんなどを覗きながら、4丁目プラザまで出たので、地下へ降りて「西林」で一休み。
4プラの中とは思えないほどに年齢層の高い店でまったりと過ごす。
(この店、本当に高齢の人達が多いなあ)

「ZAZI」の前で、ちょっと寄り道したい気持ちになったけれど、コーヒーばかり飲んで、お腹がタプタプになっていたので、さすがにコーヒーは一休み。
狸小路に入って、魚眼写真を撮りながら西へと歩く。

「FAB CAFE」の2階にある「十一月」で年始の挨拶。
お土産を渡したら、お返しにいろいろもらってしまった。
特に、うれしかったのは、鳴門温泉のこけしマップ。
沼田元気さんと杉浦さやかさんによる作成で、これはずっとほしかったのだ(笑)

「十一月」では、武井武雄のカルタとマッチ箱一山、もじあそびツミキの「メダカ」1枚などを購入。

いいかげん歩きまくって写真も撮りまくったので、本日はこれにて帰宅。
帰り道に「くるみや」でケーキを買って帰る。
今日のテーマは、1980年代には営業していた喫茶店を回るというものだったけれど、充分に満足できるくらい、いろいろなお店を回れたと思う。

明日は、都心部から離れた辺りを歩いてみようかな。


<関連記事はこちらです>

ホールステアーズ・カフェ
http://poros.exblog.jp/10174010

ホールステアーズカフェ
http://poros.exblog.jp/14276377

旧たくんち(サッポロ珈琲館月寒店)
http://poros.exblog.jp/15116030



にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ


にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ



↑↑↑↑↑↑
「ブログ村」への参加を始めました。1日1回、クリックをお願いします
by kels | 2009-01-10 18:54 | カフェ・喫茶店 | Comments(0)
<< トイデジ専用フィッシュアイ 赤いネコ? >>