< 前のページ次のページ >

森田たまの随筆には、母校である北海道庁立札幌高等女学校の話がよく出てくる


私たちの学んだ庁立札幌高等女学校というのは、当時北海道で唯一つの公立女学校であったから、全道の優良児がこぞって受験し、小学六年(当時は高等二年)から入学できるのはほんのわずかで、大ていは二、三度落第の経験を持っているからだった。
ちょうど東京の一高でも受験するようなせまき門であったが、その代わり校舎の設備もよかったし、先生の質もよかった。
理科教室は階段式であったし、音楽室にはピアノがあって、音楽学校出身の若い女の先生が、ドレミファなどとは言わず、アーアーアーアーで音階を教え、楽譜を読ませた。
裁縫教室も椅子で、大きな裁ちもの机を一人ずつ与えられ、ミシンもあった。
これは当時の北海道長官園田安賢氏が、二年にわたって海外視察をした結果、北海道の女子に高等教育を受けさねばならぬと考え建てた学校で、創立はたぶん明治33年であったかと思う。

「明治の女」森田たま(1967年)

森田たまの随筆には、母校である北海道庁立札幌高等女学校の話がよく出てくる。
厳密に言えば、森田は同校を退学しているので、母校とは言えないのかもしれない。
退学しているにせよ、学校に対する深い愛情が文章からしみじみと伝わってくる。

最近の若い人たちに「庁立札幌高等女学校」と言ってももちろん分からないだろう。
一番分かりやすい説明は、現在の札幌北高校の前身となった学校である、ということだ。
戦後の男女共学制度が始まったときに、札幌高等女学校は札幌北高校へと名前を変えた。

今の札幌北高校と同じように、庁立高女(人々はこう呼んだ)も名門校だった。
上の随筆にもあるように、相当の狭き門だったらしい。
庁立高女の出身者たちが、母校を誇りに思う気持ちも理解できようというものだ。

さて、この庁立高女、当時は北2条西11丁目にあった。
現在は札幌市立大通高校が建ち、数年前までは札幌市立大通小学校があった場所である。
明治時代から、この場所は学問の地としての歴史を刻み続けてきたのだ。

現地に残る記念碑を眺めていると、歴史の重さをひしひしと感じる。
明治、大正、昭和、平成と塗り重ねられてきた教育の歴史の重みとでも言うべきか。
きっと様々な子供たちの様々な思いが、今もこの場所には残されているに違いない。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
# by kels | 2014-10-21 19:42 | 札幌のこと | Trackback | Comments(1)

早朝のろいず小熊邸と紅葉の藻岩山と


日曜日の朝、久しぶりに藻岩山の山麓を散歩した。
気が付けば、山はいつの間にか紅葉に包まれている。
秋は着実に深まりつつあるらしい。

電停「ロープウェイ入口」からロープウェイ乗り場までは歩いてすぐの距離である。
シャトルバスが運行していて、観光客は利用しているけれど、バスに乗るとあっという間の距離である。
バスを待っている間に、歩いて到着してしまう。

早朝のためか、ロープウェイはまだ動いていなかった。
観光客の代わりに、地元の人たちが犬を連れて散歩を楽しんでいる。
観光スポットも住民にとっては日常空間に違いない。

人気の喫茶店「ろいず小熊邸」もまだ営業していなかった。
天気が良いから、古い建物を観ているだけで十分に気持ちいい。
こうして季節を感じることのできるカフエっていいなと思う。

小熊邸の前には札幌軟石で造られた石段がある。
石段を慎重に上っていくと、札幌の街並みを見下ろすことができた。
考えてみると、昔はもっと頻繁にここを訪れては、札幌の街を見下ろしていたものだ。

散策をするなら、やっぱり朝がいい。
街がまだ本格的に動き始める前の、静かでしっとりした時間。
新しい一日を生きているって感じがきちんとするから。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
# by kels | 2014-10-19 21:28 | 秋のこと | Trackback | Comments(2)

あの頃の山鼻は、知らない街であって、知らない街ではない


札幌もかわった。
赤レンガの五番館は、高層ビルに生まれかわった。
豊平館は中島に移って、奥ゆかしい森のたたずまいはなくなった。
かつての私の家の前で、創成川はコンクリートの下にもぐった。
朝夕親しんできた豊平川は、すっかり情けない水量になってしまった。
私の思い出は、一つ一つ消されていく。
私もいつしか過去を懐かしむ年齢になってしまったのかもしれない。

「札幌の雪」瓜生卓造(1966年)

僕は子供の頃から、過去を懐かしむタイプの人間だった。
それも自分の知らない時代の過去を、妙に懐かしく思った。
知らなくても懐かしい気持ちになることがあることを、僕は子供の頃から知っていたのだ。

自分の生まれる前に作られた観光絵葉書を、僕は喜んで集めた。
親戚や知人の家でそういうものを見つけると、「いらないからやるよ」と簡単にくれたものだ。
親は「おかしなものが好きな子だね」と笑った。

知らなくても懐かしいという気持ちの中には、失われた世界に対する憧憬がある。
そして、それは、現在の世界へと通じる要素があるからこそ、懐かしいとも思えるのだろう。
大人になるにつれて、僕はそういうことを少しずつ学んだ。

かつて、北海道教育大学のあった山鼻地区も変わった。
図書館が建ち、公園が整備され、ショッピングセンターが開店し、中学校に子供たちが通い、大きなマンションが人々が暮らす。
古い写真の中に残る世界とは、全然別の世界がそこにはある。

教育大学のあった頃の山鼻を僕は知らない。
それでも僕がこの街を歩きながら、学生街だった時代を懐かしいと感じるのは、街のところどころにまだ、あの時代の名残があるからなのだ。
あの頃の山鼻は、知らない街であって、知らない街ではない。

街を歩きながら僕は、いつだって過去を探しているのかもしれない。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
# by kels | 2014-10-19 06:55 | 札幌のこと | Trackback | Comments(0)

秋になって、ようやく秋の良さが分かって来たのかな(笑)


むかし、亡くなった林芙美子が言った。
北海道はね、空気の中に塵がないでしょう、だから家の中のたんすでも机でも、くっきりと浮き彫りしたように見えるのよ。
空気の中に塵がないというのは、湿気がないということであろうか。
北海道の空が澄んでいるのはそのせいであろうか。
馬車の上に仰向けに寝て、頭上にひろがる遠い空を眺めながら揺られて行ったのは、生まれて初めての経験だった。
空というものをそんなに長い間見ていたことはなかった。

「ふるさと十二カ月」森田たま(1967年)

秋になると空が気になる。
殊に、カメラを持っている日は特にそうだ。
何もないようなところでも、美しい青空がある。

子供の頃は、こんなに空ばかり見上げていなかったような気がする。
子供の頃は、他にもっと夢中になれるものが多かったのだ。
ふと、一息つきたくなったとは、大人は空を見上げるのかもしれない。

仕事の日にはカメラを持ち歩かない。
そして、そんな朝に限って、いつもより美しい空に出会ったりする。
カメラを持ち歩かない自分を呪って「ちくしょう」と呟いてみる。

秋になって、ようやく秋の良さが分かって来たのかな(笑)


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
# by kels | 2014-10-18 18:36 | 秋のこと | Trackback | Comments(2)

石川啄木が実際にトウキビを食べたかどうかは不明だと言われている


しんとして幅廣き街の
秋の夜の 
玉蜀黍(とうもろこし)の焼くるにほいよ

「一握の砂」石川啄木(1910年)

およそ札幌にゆかりのある文学作品の中で、この短歌ほど有名なものは他にない。
それが明治期の作品ということで考えると、いよいよそれは間違いないことのように思える。
札幌市民であれば、何となくでもこの歌の存在を知らぬ人はいないだろう。

大通公園のトウキビ売りが今も続いている要因の一つに、この短歌があることも、また確かである。
札幌を訪れる旅人は、どこかでこの歌に詠まれた古い時代の札幌に思い焦がれている。
焼きトウキビは、明治時代と現代とをリンクさせる重要なキーワードなのだ。

もっとも、啄木が実際にトウキビを食べたかどうかは不明だと言われている。
「トウキビを食べた」という啄木自身の文章が見つかっていないからだ。
大通公園の啄木像からも、そんな理由でトウキビが外されたという逸話が残されている。

ただし、当時の啄木の友人は、啄木がトウキビを買って下宿に帰ってきたと書いているし、啄木がトウキビを味わっただろうことは想像に難くない。
現代とは比べ物にならないほど暗い夜の街でトウキビを焼く小さな屋台に、啄木はきっと孤独の旅愁を感じたことだろう。
「玉蜀黍の焼くるにほいよ」の続きには、そんな作者の言い知れぬ不安と安らぎが隠されているのだ。

旅人であらずとも、秋の札幌は、そんな明治の昔への幻想を強く感じさせてくれるようだ。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
# by kels | 2014-10-14 21:53 | 秋のこと | Trackback | Comments(0)
< 前のページ 次のページ >