< 前のページ次のページ >

アイスコーヒーを飲むことができるくらいの幸せを、いつまでも持ち続けたいね


伊達式ダイエットによると、アイスコーヒーは良くない飲み物らしい。
南国の珈琲は体を冷やすし、冷たい飲み物も体を冷やす。
アイスコーヒーはダブルで体を冷やしてしまう、反ダイエット的飲み物なのだ。

そういうこととは関係なく、夏にはやっぱりアイスコーヒーを飲みたい。
ビールを飲めない僕にとって、夏の飲み物と言えば、やはりアイスコーヒーだ。
自宅でも喫茶店でもアイスコーヒーを飲むことは多い。

最近の気の利いたカフェでは、アイスコーヒーも数種類のメニューを用意していたりする。
こういう場合、すべてのメニューを制覇したいから、一夏の間に何度か通うことになる。
アイスコーヒーをいくつも選べる喫茶店は、やっぱり良い喫茶店だ。

先日、とある古民家カフェで、僕はアイスコーヒーを飲んでいた。
夏の夜、静かな店で美味しいアイスコーヒーを飲んでいると、しみじみと幸せだなあと思う。
決してすごい贅沢ではないけれど、身の丈の幸せなんて、こんなものなんじゃないかな。

アイスコーヒーを飲むことができるくらいの幸せを、いつまでも持ち続けたいね。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
Tags:# 
# by kels | 2014-07-29 21:47 | カフェ・喫茶店 | Trackback | Comments(0)

さてさてさて、そろそろ本格的に夏の旅行の準備をしなくては。


全国的に梅雨明けとなった。
夏である。
北海道の場合、あまり関係ないけれど、一緒になって「夏だなあ」と感じている。

ずっと夏休みの旅行の計画を立てるのに忙しい。
たいした旅行じゃなくても、旅行というのは計画を考えているときが一番楽しい。
夢は見ている間が楽しいものなのだ。

今年の旅行の計画は二つ。

一つはただの帰省で、いつものように東京へ帰るだけだ。
僕は夏のこの東京行きをこの上なく楽しみにしている。
カメラを持って、東京散策を楽しむことが、僕にとって夏休み最高の楽しみである。

もう一つは道内旅行で、久しぶりに「青春18きっぷ」の旅でもしてみようかと思っている。
普通列車だけを乗り継いで、北海道、行けるところまで行ってやろうというのだ。
そんなに休みも取れないので、こちらは週末利用のミニ旅行である。

それにしても、夏っていいね。
こんなふうにして、何しよう、どこ行こうって、考えているだけで楽しくなれるんだから。
「もしも夏がなかったら」と考えるだけで、僕なんかはぞっとしてしまうんだ。

さてさてさて、そろそろ本格的に夏の旅行の準備をしなくては。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
Tags:# 
# by kels | 2014-07-29 21:31 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

骨董市で古い金魚鉢を見つけると、今でも胸がときめくんだ


金魚鉢を集めるのが好きだった。
明治、大正、昭和初期の古い金魚鉢である。
物珍しさも手伝って、一頃は金魚鉢ばかり買っていたこともある。

ガラス製品は、夏に涼を感じるのにぴったりのアイテムである。
中でも、金魚鉢は、まさしく夏らしいガラス製品の代表と言っても良いだろう。
ガラスの器の中に緑色の藻を沈めて金魚を泳がせると、夏が来たなあと思う。

金魚鉢は、縁取りが花びらのようにヒラヒラとしたアサガオ型が定番である。
しかし、これも昭和時代の話で、古いものはもっとシンプルで味気ない。
最初のうち楽しかったアサガオに飽きて、後半はシンプルのものをより好んだ。

とは言え、金魚鉢をインテリアとして楽しむのなら、やはりアサガオ型に尽きる。
赤や青のカラフルな縁取りをした金魚鉢を窓辺に飾っておくだけで、夏は数倍楽しくなる。
特に窓越しに太陽の光が射し込んだところなどは、芸術的に美しい。

僕は何匹も金魚を飼っていたから、この金魚鉢をいくつも窓辺に並べていた。
金魚鉢はアサガオの花のように縁が開いているから、並べておくと相当に場所を取った。
アサガオ型の金魚鉢は、窓辺に一つ置くくらいでちょうどよいのだろう。

骨董市で古い金魚鉢を見つけると、今でも胸がときめくけれど、さすがに買い物をすることはなくなった。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
Tags:# 
# by kels | 2014-07-29 21:05 | 雑貨・アンティーク | Trackback | Comments(0)

多くの文学者の足跡を残す札幌は、非常に充実した文学散歩が可能だ。


このところ、毎年のようにバスによる札幌文学散歩に同行しているが、街中の変わり用の激しさに驚く。
札幌の場合、文学ゆかりの場所といっても「ここに何々があった」としか言いようがないほど、変容のテンポは早い。
たしか「札幌文学散歩」の嚆矢は、昭和36年秋に北大で開かれた日本近代文学会道大会の折だったと思うが、そのときはまだバスを自在に都心部を走らせることができた。
有島武郎の「白官舎」(南2西6)の一部を覗けたし、例の荘厳な札幌独立キリスト教会(大通西7)もあった。
今ではアレもコレもビルになってしまい、都心などは通り抜けさえままならぬ状態だ。
ススキノに回って、岩野泡鳴の「放浪」の片鱗を味わおうとしても、とてもとてもである。

「ある文学散歩」木原直彦(1976年)

文学作品の舞台となった場所や文学者所縁の土地を訪ね歩く。
これが「文学散歩」である。
文学作品を理解する上でも、街を理解する上でも、非常に有意義な散策だろう。

多くの文学者の足跡を残す札幌は、非常に充実した文学散歩が可能だ。
文学作品の中に、札幌の街が登場しているものも多い。
こんな街に住んでいて、文学散歩を楽しまない手はないと、僕は思う。

もっとも、札幌は実に移り変わりの激しい街である。
思うに、札幌というものは古いものを古いままでは許しておけない街なのだ。
常に新しく変化し続けていなければ、札幌は札幌ではないと信じているのかもしれない。

そんなわけで、札幌の文学散歩は、想像の旅でもある。
オフィスビルの前にたたずんで「石川啄木はこの辺りで暮らしていたんだなあ」と想像してみる。
想像力がなければ、札幌の文学散歩を楽しむことはできない。

どうして、こんなところに文学碑が?なんていうのも多いんだよね、ほんと。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
Tags:# 
# by kels | 2014-07-28 21:43 | 文学 | Trackback | Comments(0)

近所の喫茶店で、ある男性雑誌の付録に付いていたクラッチバッグを持った男性を見かけた。


最近はクラッチバッグが流行っているらしい。
バブル時代にはセカンドバッグと呼ばれていた、あの小さなバッグである。
新聞の集金みたいに悪いイメージは、最近ではないのだろう。

あまり流行しているものだから、雑誌の付録にもなっているようで、我が家にもそんな付録のクラッチバッグがいくつかある。
よく分からないけれど、付録のバッグというのは何となく使いにくいなあと思って、部屋に置いたままだ。
財布とか小物入れと違って、バッグというのは存在感が半端ないから、雑誌の付録だということを強くアピールしそうな気がする。

実際、この間、近所の喫茶店で、ある男性雑誌の付録に付いていたクラッチバッグを持った男性を見かけた。
印象的なデザインだったし、僕も持っているから、一目で付録のものだと分かる。
この付録のクラッチバッグを見つけたときは、正直に言って胸がドキリとした。

出版社にしてみると、読者に使ってもらおうと考えて、わざわざバッグを付録に付けてくれているはずだ。
僕もこだわらずに使えばよいのにと思うけれど、どうにも小心者で人目が気になってしまう。
自分に自信がないからこそ、付録のクラッチバッグ一つにも自意識過剰になってしまうんだろうなあ。

とりあえず夏の旅行では、バッグインバッグとして、この付録のクラッチバッグを活用してみようと思っている。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
Tags:# 
# by kels | 2014-07-28 21:22 | 雑貨・アンティーク | Trackback | Comments(0)
< 前のページ 次のページ >