メゾンキツネのスタバカードが付録に付いている「GQ JAPAN」が発売になった


ようやく札幌でも「GQ JAPAN 9月号」が発売になった。
メゾンキツネのスタバカードが付録に付いているという、あれである。
話題のものには、すぐに飛びつく、いつもの習性(笑)

北海道では、雑誌の発売が遅い。
公式の発売日よりも数日遅れてから、書店に並ぶ。
北海道が内地よりも文化的に遅れているなあと感じる瞬間が、まさしく、これだ。

今回の「GQ JAPAN」も、念のために書店で予約したけれど、正確な入荷日は「不明」だった。
定期的に発行されている雑誌の入荷日が分からないんだから、本屋さんも大変だ。
これだけ流通が進歩した世の中で、雑誌の発売日が変わらないというのは、不思議なことである。

というようなことは、雑誌の発売日のときに、いつも感じることである。
ファッション雑誌で紹介されているようなアイテムは、あっという間に売り切れてしまう。
北海道で雑誌が書店に並ぶ頃には、雑誌紹介アイテムは完売していることも多い(笑)

ネット社会になって、情報だけは一瞬にして世界中に広がってしまう時代である。
それだけに、雑誌の発売日が遅いという事実は、強い違和感を与える。
それが、北海道の現実だといえば、そのとおりなんだけれどね。

まあ、何にしても、ようやく内地に追いつけて良かった、スタバカード(笑)


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
# by kels | 2015-07-27 22:19 | カフェ・喫茶店 | Trackback | Comments(0)

どんなに生活が忙しくても、本を読まない日というのは存在しない


雨が降っていたので、朝から仕事に出かけた。
天気が悪いと仕事がはかどる(笑)
今年の夏は、本当に休日出勤が多い。

仕事帰りに古本屋を覗いた。
古い随筆や日記を何冊か買って帰る。
読む以上のスピードで本ばかりが増えていく。

洋服や骨董品、CD、喫茶店など、僕の無駄遣いの幅は広い。
その中でもダントツに多いのは、やはり本を買うお金だろう。
一か月の間に、相当数の本が増えていくのだから。

新刊本にしても古本にしても、書店を覗くのは楽しい。
本屋に行けば、必ず新しい発見があるし、本屋は僕を裏切らない。
なにしろ、一生かかっても、読み切れないほどの本が、世の中にはあるのだ。

そして、どんなに生活が忙しくても、本を読まない日というのは存在しない。
暮らしの中心には本があり、暮らしの隙間にも本がある。
それが雑誌であれ、文庫本であれ、ベストセラーであれ、無名の著作であれ。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
# by kels | 2015-07-26 20:59 | 本・雑誌・古書 | Trackback | Comments(0)

昔の恋人のことも、好きだった女の子のことも、記憶は不鮮明で、思い出だけが鮮やかだ


僕は恋人のことを考えた。
そして彼女がどんな服を着ていたか思い出してみた。
まるで思い出せなかった。
僕が彼女について思い出せることは、全部漠然としたイメージだった。
僕が彼女のスカートを思い出そうとするとブラウスが消え失せ、僕が帽子を思い出そうとすると、彼女の顔は誰か別の女の子の顔になっていた。
ほんの半年前のことなのに何ひとつ思い出せなかった。
結局、僕は彼女について何を知っていたのだろう?

「午後の最後の芝生」村上春樹(1982年)

どんなに頑張っても、思い出せない記憶がある。
同時に、どんなに忘れようとしても、忘れられない記憶がある。
記憶というのは、不公平で、とても扱いにくいものなのだ。

時々、こんなことを考えた。
今この瞬間のことを、僕は永遠に忘れることはないだろう、と。
だけど、記憶はちゃんと失われていて、多くの瞬間を、僕が思い出すことはない。

記憶が鮮明でない分だけ、思い出は僕の中でしっかりと形づくられていく。
僕にとって都合の良い、僕だけの思い出のままで。
そんな思い出たちが、今の僕を支えていることも、また確かなのだろう。

昔の恋人のことも、好きだった女の子のことも、記憶は不鮮明で、思い出だけが鮮やかだ。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
# by kels | 2015-07-26 18:22 | 随想 | Trackback | Comments(2)

毎年思うことは、夏の始まりは夏の終わりの始まりだということ


「さっぽろ夏まつり」が始まっている。
大通公園ではビアガーデンが、そして、狸小路では「狸まつり」が。
いつもの年の、いつもの夏と同じ風景。

毎年思うことは、夏の始まりは夏の終わりの始まりだということ、
夏が好きすぎて、始まる前から終わることを考えている。
今この瞬間だけを楽しむということができないタイプらしい。

それは、札幌の夏が短いせいかもしれない。
大人になって、夏を楽しむ時間が少なくなったせいかもしれない。
夏が砂時計みたいに減り続けていく。

昨日の朝、いつもの店へ髪を切りに行った。
「もう2回も海に行きましたよ」と、お店の女の子は言った。
世の中の人たちは、この短い夏を存分に楽しんでいるらしい。

僕も、何か夏らしいことをしなくちゃダメだね。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
# by kels | 2015-07-26 06:11 | 夏のこと | Trackback | Comments(2)

ステーションビバークの鉄則は、駅の利用者に迷惑をかけないことである


先日、とある観光の街に行った。
近くの街に宿泊していたので、その日は、朝早いローカル列車で移動した。
平日ということもあり、列車は空いていた。

街の駅に着くと、乗客の多くはそこで降りた。
列車は一層ガラガラで発車していった。
仕事がなければ、そのまま乗っていたいのにと、僕は思った。

改札口を出て、待合室に入ったとき、僕は少しギョッとした。
自転車旅行をしている人たちが、そこのテーブル席で朝食を取っていたからだ。
たくさんの列車客がやってきたので、彼らも少し慌てたらしい。

駅に宿泊するステーションビバークは珍しいことではない。
お金がかからないし、旅らしい雰囲気も味わえる。
僕も若い頃は、随分たくさんの駅に寝泊りした。

ステーションビバークの鉄則は、駅の利用者に迷惑をかけないことである。
少なくとも、一番列車が到着する前には、荷物を撤去しておかなくてはならない。
誰かがやって来たときには、何事もなかったように復元しておくことがルールなのだ(言うまでもないことだけれど)。

そのとき、駅には二人の宿泊者がいたけれど、彼らはそれぞれ4人掛けのテーブルいっぱいに荷物を広げていた。
おまけに、一人は旅行用の自転車まで持ち込んでいるから、テーブルがまるで居住スペースみたいになっている。
時間は8時を過ぎているから、通学・通勤の客がいる平日としては、決して早朝ではない。

随分、マナーが悪いんだなと、僕は思った。

もっとも、僕がギョッとしたのは、マナーの悪さ以前に、彼らがいずれも年輩の人たちだったということだ。
見たところ、互いに仲間同士というわけでもなく、それぞれが一人旅らしい。
こういう貧乏旅行も、最近では若者のものではなくなりつつあるのかもしれない。

それにしても、いい大人なんだから、もう少し常識をわきまえたらいいのに。

仕事へと出かける僕は、腹いせもあって、そんなことを考えていた。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
# by kels | 2015-07-25 07:00 | 旅行 | Trackback | Comments(0)