< 前のページ次のページ >

吉田健一「私の食物誌」と北海道


吉田健一の「私の食物誌」を読んでいます。
エッセイを読むのが好きなんですが、昔の人が書いたエッセイは、特に好きです。
僕の知らない時代の空気が、そこにはあります。

この本は題名どおり食べ物に関するエッセイ集です。
日本各地の名物が、作者なりの視点で描かれています。
こういう本を読むと「全国うまいもの市」に行きたくなっちゃいますね(笑)

我が北海道からは「牛乳」と「じゃがいも」の二つがランクイン。
意外に地味なチョイスですが、東京の人間にとっての北海道が、案外そんなものだったのかもしれません。
言われてみると、確かに納得のチョイスではあります。

この本の良いところは、面倒なウンチクとか雑学とかがないところ。
完全に筆者の感性だけで書かれているので、読者にとっては空想の幅が広いのです。
取材に基づくルポとは違うところが、最大のポイントでしょう。

牛乳が飲みたくなったのでは実はないが、根室から旭川に行く汽車が十勝平野という典型的に北海道である草原を通っていた時、或る駅で牛乳を一本買ってその味が今でも忘れられない。
これはただそれが鮮やかに記憶に残っているだけで、それではその味はと聞かれてどう説明していいものか解らない。

「私の食物誌」吉田健一(1972年)
北海道のPRのようであって、あまりPRになっていないという、そんなところに筆者のリアリズムを感じます(笑)
とにかく、淡々と思い出すままに回想しているような印象すらあります。
でも、そこが面白くて、僕もこんなふうに淡々とブログを書きたいなあと思うわけです。

誰のためでもなく、ただ自分だけのために☆


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
# by kels | 2015-03-03 19:43 | 食べ物 | Trackback | Comments(1)

オシャレ化が進む地下鉄大通駅と彫刻「凹み」


朝イチで髪を切ってきました。
スケジュールの関係で、営業開始時間前の予約(笑)
たくさんのスタッフさんによる朝礼の声を聴きながら、カットしてもらいました。

今日から3月です。
いいですね、3月の始まりって。
何か始まりそうな予感みたいなものが、ほんのりと漂っていて。

地下鉄大通駅も、着々と新しい姿を見せています。
こういう大きな駅の様子が変わると、「街が変わっていくなあ」って実感します。
季節も札幌の街も、一つの節目を迎えているのかもしれません。

さて、新しい大通駅に登場したのは、「凹み」という芸術作品です。
何やら黄色いブロック作品のようですが、何でもこれは「暗渠化された琴似川」がモチーフになっているのだそうです。
かつて川だった場所のデコボコが、立体的に表現されたということなのでしょうか。

作者である彫刻家の谷口顕一郎さんは、道路や床、壁などのひび割れや亀裂を、このような彫刻作品として表現している方なのだとか。
実際、この作品の存在感も抜群で、僕が写真を撮っている間にも、大学生の女子2人組が写真を撮っていました。
大通駅の新しいアイコンになるか注目ですね。

ちなみに、作品の後ろにある大きな階段を上っていくと、大通公園に出ます(札幌駅前通り)。
地下鉄駅へと続く階段で、今まで、こんなに大きくて明るいなものはなかったので、これも結構ビックリです。
何だか、突然おしゃれになってきたな、大通駅(笑)

この勢いで、どんどんやってください☆


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
# by kels | 2015-03-01 21:11 | 札幌のこと | Trackback | Comments(0)

札幌地下街オーロラタウンのスマイル


いつになく早い春の訪れだなあと思っていたら、週末になって雪が降りました。
まだ2月ですからね、一応(今日まで)。
雪が降っても当たり前の季節なんですが、心と体はすっかりと春モードだったので、何だか、、、(笑)

で、この季節の雪っていうのが、また、やっかいです。
何しろ気温が高いので、すごくベタベタと湿っていて重い。
傘を差さないとびしょ濡れになります。

おまけに、足元もびしょびしょなので、履いていく靴にすごく困ります。
今さら冬靴でもないし、と言って夏靴には早すぎるし。
こういう季節の変わり目って、いろんなことが中途半端で、本当に疲れます(笑)

で、普段は屋外を歩くのが大好きな僕も、この季節には必然的に地下街を歩くことが多くなります。
札幌って意外と便利なんですよね、地下街や地下通路が整備されていて。
オーロラタウン、ポールタウン、チカホ。

ということで、オーロラタウンを歩いているときに、素敵な写真を発見しました。
たくさんの笑顔が飾られています。
地下街のお店の人たちなのかな~。

さて、明日から3月ですね。
道立高校では卒業式が行われます。
僕は髪を切りに行く予定です(関係ありませんが笑)

早く本格的な春がやってきてほしいですね~☆


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
# by kels | 2015-02-28 20:26 | 札幌のこと | Trackback | Comments(0)

札幌の街は今日も変わり続けている


僕の趣味は写真を撮ることです。
写真を撮ると言っても、美しいモデルの女性を探したり、電車に乗って遠くへ出かけたり、斬新で芸術的な写真を撮ったりするわけじゃありません。
ぶらっと出かけて、気が向くままに、札幌の街をスナップしているだけのことです。

それにしても、札幌の街も変わりつつあるなあと、つくづく感じます。
写真は、南1条の4プラ前から、北に向って撮った写真。
分かりますか、変わりつつある街が。

左手前が日の出ビル、右手前が札幌三越で、いずれも古い建物です。
三越の建物を北に行くと、新しくて大きなビルが見えます。
今、建築中の明治安田生命ビルです。

さらに、その北側には、御存知の大通ビッセが見えます。
写真では分からないけれど、ビッセの向かい側には秋田銀行のビルもあります。
その北側の3条通りには、赤れんがプラザに日本生命ビル。

つくづく思います。
「すごいなあ」って。
何だかんだ言っても、街はちゃんと生きているんだって。

生きてさえいれば、新しい未来が開けそうな気がしてきませんか(笑)


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
# by kels | 2015-02-25 20:36 | 札幌のこと | Trackback | Comments(0)

ピヴォの「コーチ」前にある大きなポスターが気になります


明け方、久しぶりに雪が降りました。
雪降る中を出勤しながら「そう言えば、まだ冬だったんだなあ」と思い出しました。
本当に珍しいですね、こんな冬も。

もちろん、まだまだ油断はできません。
そろそろ春かなあと思った頃にドカ雪が来るのが、北海道の3月というやつです。
大雪の1回や2回くらいは覚悟しておかなければ(笑)

でも、報道によると、春物衣料の動きが早いみたいですね、今年は。
実際に春コートを着て出かけている人の姿もチラホラと。
春コートって出番が少ないので、できるだけ早い時期から着たいものなんですよね~。

さて、最近気になっているのは、ピヴォの「コーチ」前にある大きなポスター。
女性が何やら古めかしいカメラを持っているのですが、これが妙にカッコいいです。
最近カメラを買っていないのですが、これは何だか気になるなあ(笑)


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
# by kels | 2015-02-24 20:17 | 写真・カメラ | Trackback | Comments(0)
< 前のページ 次のページ >